« 知的創造サイクル啓発事業 | トップページ | 歌舞伎展 »

札幌

<札幌>

11月2日(木)の夕方、札幌入りしました。

車窓から見る夕日は雄大でとても綺麗でした。(*^_^*)

日が暮れると、札幌はさすがに寒かったですが・・・。

19時から会場で「知的創造サイクル啓発事業」のリハーサルが行われ、夜遅くまで続きました。

講演会のリハーサルでこんなに綿密な作業をしたのは初めてでした。

昔経験した「お母さんといっしょ」などの収録風景を思い出しました。

このプログラムは特許庁からNHKエンタープライズが受注した事業だそうです。

なるほど・・・。(^-^)

ちなみに、福岡はNHKスタジオで行われるそうです。(*^_^*)

<小学生の発明家>

今回の講演会は、大変ラッキーでした。o(^-^)o

山本良太君という小学生6年生が特許を取ったというニュースが直前の10月25日に流れていたのです。

何と、小学3年生で特許出願をされていました。

同じ小学生が特許を取ったのですから、この話をすると、皆、軽いライバル意識を持ったようです。(*^_^*)

<発明品の数々>

参加した小学生全員、所定の時間内に発明を完成させました。

お世辞抜きで、どの作品も大変立派でした。

私は最年少の参加者の1年生の女の子の横にいました。

「綺麗なコマが作りたい」と言う彼女にこき使われ、大きなビーズをコマの座面につけるために強力な両面テープを小さく丸く切る作業を手伝いました。

「先生、次のテープを早く切って・・・」と話される小学1年生の発明家の眼差しは真剣でした。(*^_^*)

完成間近のこと。

彼女のコマがとても綺麗だったので、あちこちで彼女の作り方の模倣が発生しました。

彼女の表情が急に不愉快な顔に変わりました。

「○○ちゃん方法が素晴らしく綺麗だから大流行しているね。でも、無断で他人に真似されたら頭にくるよね。悲しい気持ちだよね」と言ったら、周りの子供たちも大きく頷いていました。

参加された小学生は、良い経験をされたことと思います。

一生懸命に創作したアイデアは、人格の近くに存在するようですね。(*^_^*)

|

« 知的創造サイクル啓発事業 | トップページ | 歌舞伎展 »

コメント

札幌は寒いですよね。11月初旬には初雪、12月初~中旬には「ねゆき」になります。
札幌といえば、2月に札幌雪祭りがあります。あれって、人物像が展示されてますけど、おいおいこれってパブリシティ権侵害??・・・って見てると思っちゃうときがあります。

投稿: 札幌出身者 | 2006年11月 6日 (月) 21時46分

生越先生
札幌の研修では貴重な講演をありがとうございました。
目から鱗で勉強になりました。
「消費者教育」「環境教育」をみれば、次は「知財教育」というのは御慧眼です。

投稿: 再び札幌で | 2006年11月 7日 (火) 00時58分

札幌出身者 様

コメントありがとうございます。<(_ _)>
ホント、そうですね。
パブリシティー権問題は、雪像を見ながらゆっくり考えてみたいものですね。(*^_^*)
今年はどんな雪像が出品されるのでしょう。


再び札幌で 様

メールもありがとうございます。<(_ _)>
今後も子供たちの知財教育に関われればと思います。
「知財教育」は、「理科教育」、「芸術教育」とも関連する領域です。
効果的な教育手法を考える時代になっていると思います。
よろしく御指導下さいませ。

投稿: 生越由美 | 2006年11月 7日 (火) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193808/12565724

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌:

« 知的創造サイクル啓発事業 | トップページ | 歌舞伎展 »