« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

明日の神話

皆様、ご無沙汰しております。<(_ _)>

今週は、審査作業、基礎調査、授業準備、放送大学のロケ準備に忙殺されて、ブログの更新をおさぼりしました。<(_ _)>

唯一の気分転換できたお仕事が、「明日の神話」のオープニング・レセプションでした。(*^_^*)

<東京都現代美術館>

2007年4月27日(金)の午後から、東京・木場の東京都現代美術館で「明日の神話」の展示が開始されました。縦5.5メートル、横30メートルの巨大壁画です。(*^_^*)

昨年12月のブログでご紹介した平野暁臣さんにお招き戴きましたので、会議の合間を縫ってオープニング・レセプションに駆けつけました。

石原慎太郎氏(東京都知事)の御挨拶に引き続き、与謝野馨氏(財団法人・岡本太郎記念現代芸術振興財団理事長、衆議院議員)、福原義春氏(東京都写真美術館館長、株式会社資生堂名誉会長)、氏家齊一郎氏(日本テレビ放送網(株)代表取締役取締役会議長) の御挨拶が続きました。

Rimg1403_1

その後、テープカットです。糸井重里さんもおられました。

Rimg1424_1

そして、レセプションとなりました。

会場では、CGアーティストで東大教授の河口洋一郎先生や、特許庁意匠審査官から日経デザイン編集長を経て武蔵野美術大学教授に転進された森山明子先生など、知り合いにお会いできて嬉しかったです。(*^_^*)

福原義春先生は、京都大学名誉教授の池上惇先生と新しい大学院(文化政策・まちづくり大学院大学)を創設することに取り組まれています。こちらは、2月のブログで御紹介しましたね。(*^_^*)

Rimg1443_1

<明日の神話>

「明日の神話 再生プロジュエクト」のDVDで再生経緯を拝見していましたので、本物を見る機会を待望していました。

芸術の力は本当に凄いですね。一目見て圧倒され、私は救われた気持ちがしました。

以下、岡本敏子さんの言葉を引用させていただきます。

----------------------------

『明日の神話』は原爆の炸裂する瞬間を描いた、岡本太郎の最大、最高の傑作である。

猛烈な破壊力を持つ凶悪なキノコ雲はむくむくと増殖し、その下で骸骨が燃え上がっている。悲惨で、残酷な瞬間。

<中略>

悲劇の世界だ。

だがこれはいわゆる原爆図のように、ただ惨めな、醜い、被害者の絵ではない。

<中略>

外に向かって激しく放射する構図。強烈な原色。画面全体が哄笑している。悲劇に負けていない。

あの凶々しい破壊の力が炸裂した瞬間に、それと拮抗する激しさ、力強さで人間の誇り、純粋な憤りが燃えあがる。

タイトル「明日の神話」は象徴的だ。

<後略>

----------------------------

2007年4月27日(金)~2008年4月13日(日)の期間、特別公開されています。

折角の機会ですから、御覧になることを強くお奨めします。(*^_^*)

| | コメント (0)

讀賣新聞 『論点』

<知的財産推進計画 文化産業への支援必要>

昨日、2007年4月18日(水)『讀賣新聞』朝刊の「論点」に拙稿が掲載されました。

東京理科大学HPのニュース&イベント情報で下記の内容が紹介されています。

----------------------------

■『讀賣新聞』に本学教員による「文化産業と知財」に関する論稿が掲載  2007/04/18

本学の専門職大学院 総合科学技術経営研究科 知財戦略専攻の生越由美教授による「文化産業と知財」に関する論稿が、2007年4月18日『讀賣新聞』朝刊の論点というコーナーに掲載されています。

文化産業と知財の関係について「シネマ歌舞伎」、「イヤホンガイド」という二つの具体例によって紹介しています。

シネマ歌舞伎は、歌舞伎という伝統芸能を、知的財産の固まりである世界最先端のデジタル映像・音響機器で映像化し、さらに映画製作のノウハウを組み込み、映画館で手ごろな価格で歌舞伎を楽しめるようにしたものです。

イヤホンガイドは国立劇場や歌舞伎座などに用意され、舞台にあわせて物語の筋や約束事、配役などの解説をながし、舞台観劇と無縁だった人や外国人にも楽しめるようにしたものです。

またこの他、文化産業の核となる文化資本として、歴史資源と地域資源の活用のなどについても事例を交えて紹介しています。これらの文化産業育成のための取組みや提言などを、課題などにも触れつつ、分かり易く解説しています。

----------------------------

記事の詳細はぜひ紙面をご覧ください。 (*^_^*)

| | コメント (0)

日本科学未来館

<科学技術と文化の融合>

東京理科大学は、科学技術と文化を融合する新しい大学院の設置を目指しています。私はこの大学院の設置推進委員のため、有識者からヒアリングをさせて戴いております。

昨日は、毛利衛・日本科学未来館館長から御意見を伺いました

ゆりかもめに乗って、「船の科学館」で下車し、徒歩5分のところに「日本科学未来館」はあります。

毛利館長から、「21世紀という未来を見通すとは何か」、「社会が求めている科学技術の分野の人材とは何か」を教えていただきました。

Rimg1395

最後に記念撮影をさせて頂きました。

後ろの左に見えているのは毛利館長のお言葉で、「宇宙は創造の空間である」と書いてあります。

Rimg1396_1

サイエンスニュース! アジア展

2007年6月2日(土)~9月2日(日)の間、日本科学未来館において、開催される企画展が「サイエンスニュース! アジア展」です。

パンフレットには、次のことが書いてありました。

----------------------------

人気の観光地に、流行の音楽や映画、美味しい料理、雑貨や衣装。

多彩な魅力に溢れるアジア。

その多様な文化と環境は、今と未来への問いと可能性に満ちている。

そんなアジアならではの「先端科学」とは--?

----------------------------

大変面白そうですね。(*^_^*)

| | コメント (2)

博多万能ねぎ

<小学生の読者からの御質問>

朝日新聞で「博多万能ねぎ」の事例を取り上げたら、小学生の読者から御質問を戴きました。

私が答えるのも変なのですが、取材時の写真がありますので分かる範囲で御回答しますね。(*^_^*)

Q1:博多万能ねぎの袋に金色で「M」と書いてあるのは何ですか?

A1:万能ねぎのサイズです。下の写真のように、SMLのサイズがあり、包装袋はもちろん、発泡スチロール容器もサイズごとに用意されています。

P5160068

次の写真は筑前あさくら農協の撰果場です。この建物の中で、オゾン殺菌され、SMLのサイズ毎に袋詰めし、発泡スチロール容器に収納されます。

P5160069

Q2:博多万能ねぎは、どんなところで育つのですか?

A2:ビニールハウスの中です。

次の写真は、育ったねぎを刈り取っているところ。ビニールハウスの中は結構広いですね。(*^_^*)

朝3時から刈り取り作業をされると伺いました。<(_ _)>

P5160073

最後の写真は、たくさんのビニースハウスが見えるという川の傍に連れて行っていただき、写真を撮ってきました。

一面のビニールハウスは凄いですね。(*^_^*)

P5160077

| | コメント (0)

『なるほど栗山学』

<地域資源発掘のヒント>

「東京会議Hokkaido」のセミナーでお世話になった板垣さんから教えて頂きました。

最近、栗山町では地域づくりの一環として、「先ずは自分の住んでる町を深く知ろう」という趣旨で『なるほど栗山学』という講座を開催したそうです。

地域の歴史や文化を知らなければ、地域の文化資源を探すことはできません。この意味で、この栗山町の取組は「地域の時代」に必要なものと思いました。

町民のために報告会の内容を冊子にされるそうです。下記は表紙のデザイン(予定)で、内容についても掲載許可を戴きました。

Photo_33

第1回 町史の裏側「kuriyamagaku1.pdf」をダウンロード

第2回 町の自然 「kuriyamadaku2.pdf」をダウンロード

第3回 メロン一筋 「kuriyamagaku3.pdf」をダウンロード

第4回 栗山町議会基本条例 「kuriyamagaku4.pdf」をダウンロード

<行政官の役割>

この企画は、町の発展に意欲的な町民と役場職員が中心となったそうです。

公民一体となって、自発的に地域振興に取り組まれるのは本当に素晴らしいことですね。(*^_^*)

夕張市のお隣の町ということで危機感も強いのかもしれません。

最近、地域ブランドの調査でいろいろな都道府県を回らせて頂いております。地域を育てようと一生懸命の行政官も大変多く、頭が下がります。お世辞抜きです。(*^_^*)

「地域ブランド」の問題を調査していると、地域の行政官の役割がますます重要になっていることを感じます。

栗山町の担当者から、「こういった「場」づくりこそ、行政の役割と感じる日々です。」とのコメントを戴きました。その通りと思います。今後、大注目の地域ですね。(*^_^*)

| | コメント (0)

朝日新聞 『私の視点 ワイド』

<地域ブランド 知的財産として活性化を>

昨日、2007年4月12日(木)『朝日新聞』朝刊の「私の視点 -ワイド-」コーナーに拙稿が掲載されました。

東京理科大学HPのニュース&イベント情報で下記の内容が紹介されています。

----------------------------

■『朝日新聞』に本学教員による「地域ブランド」に関する論稿が掲載  2007/04/13

本学の専門職大学院 総合科学技術経営研究科 知財戦略専攻(MIP)の生越由美教授による地域ブランドに関する論稿が、2007年4月12日『朝日新聞』朝刊の「私の視点 -ワイド-」というコーナーに掲載されています。

2006年4月から「地域団体商標」制度が施行され、1年間で「関あじ」「松坂牛」「九谷焼」「豊岡鞄」「和倉温泉」など、農水産品・伝統工芸品・工業製品・サービス業の分野で180件の地域団体商標が実際に登録されました。

この制度をいかに活用して地域ブランドを活性化させるか、「地域団体商標」の成功事例を紹介しています。

また旧地名を使用する際の問題点などについても論じています。

----------------------------

記事の詳細はぜひ紙面をご覧ください。 (*^_^*)

| | コメント (0)

農林水産分野の海外知財情報

日本貿易振興機構(JETRO)

JETRO農水産部が、植物の新品種に関する知的財産権の現状と課題を「植物新品種の育成者権の活用と保護の戦略」というレポートにまとめられました。

Rimg1377

執筆者は、農水産調査課の阿部道太さんです。今年3月までMIPの一期生として勉学に励まれていた方で、馬場錬成研究室で研究されていました。

阿部さんがまとめた修士論文(ワーキングペーパーといいます)がこの報告書の基礎となっています。

現在、JETROの農水産情報研究会に加入している約500社に配布されたそうです。

問い合わせ先 JETRO農水産調査課
電話 03-3582-5186
メールアドレス EXD@jetro.go.jp

(社)農林水産先端技術産業振興センター(STAFF)

2007年1月、STAFFが事務局となって、①中国に育成者権保護強化の要請(北京)、②育成者権侵害事例に関する視察(雲南省)を行い、この時の報告書を作成されました。

①は「中国の政府機関への要請等のための育成者権保護官民合同ミッション報告書」で、②は「中国における品種保護制度の運用及び権利侵害に関する対応事例等の調査報告書」です。

育成者権に関する海外情報はほとんどないのが実情です。海外進出を考えている企業にとって、大変貴重な資料だと思います。

問い合わせ先  農林水産先端技術産業振興センター
電話 03-3586-8644
メールアドレス wwwadmin@staff.or.jp

また、STAFFは「農林水産分野の知的財産テキスト(入門編)」(A4判カラー刷り32p)を作成し、3月12日に関係者に配布されました。

このパンフレットは、多くの方に利用してもらうためにホームページ(4.5MB)で公開されています。

容量が大きい(4.5MB)ので、ダウンロードにあたりましてはご注意くださいとのこと。

| | コメント (0)

昨日は入学式

<3回目の入学式>

昨日は東京理科大学の入学式でした。九段下の日本武道館で開催されました。

MIPとしては第3期生を受け入れました。御入学おめでとうございます。(*^_^*)

Nec_0029

武道館の桜は「葉桜」になっていましたが、まだまだ華やかで嬉しかったです。Nec_0032

<東京理科大の建替え準備>

武道館に行くと、目に入るのが東京理科大の九段校舎です。靖国神社の横にあります。

住宅公団のビルを買い取ったと聞いていますが、神楽坂校舎の建替えのためで、現在、工学部が入っています。

数年後には、神楽坂校舎も一変することと思います。こちらも楽しみです。

今回は、珍しく携帯電話の写真ですが、結構綺麗に取れていると思われませんか?(*^_^*)

実は、デジタルカメラをビデオモードにしていたため使えなかったのです。ドジなことをしてしまいました。<(_ _)>

| | コメント (0)

農林水産省の知的財産戦略

農林水産省知的財産戦略

2007年3月22日、農林水産省知的財産戦略本部が「農林水産省知的財産戦略」を決定しました。

農林水産分野における「知的財産戦略のポイント」として、「農林水産業・食品産業の競争力強化による今後の発展、地域の活性化、さらには、世界の食料の安定供給や豊かな生活を実現していくためには、社会のニーズを汲んだ質の高い「知的財産」を創造し続けていく必要がある」、とされています。

会議で配布された資料の「概要」と「工程表」が大変分かりやすいと思いますので、一緒に御紹介します。

この「工程表」は画期的に具体的だと思います。(*^_^*)

農林水産研究知的財産戦略

4月3日のプレスリリースによると、上記の戦略を受け、農林水産技術会議が研究分野における戦略として「農林水産研究知的財産戦略」を2007年3月に策定しました。

ますます農林水産分野の知財戦略は充実してきましたね。(*^_^*)

こちらの戦略は、農林水産研究の研究計画立案時から成果の権利化を図り技術移転を行う段階までにおいての、知的財産に関する望ましい取組を研究機関に対して示すとともに、農林水産技術会議が取り組む事項を明らかにしたものです。

戦略と一緒に公表されている「概要」はこちらです。

| | コメント (0)

登録商標と品種名称

<商標法と種苗法の関係>

登録商標と品種名称は同一や類似であってはいけません。

地域で良く質問されるテクニカルな問題です。

個人的な見解では、グッドネーミングは登録商標に、識別性の高い名称は品種名称が良いように思います。

<商標法による品種名称の扱い>

商標法第4条第1項第14号をみてみましょう。

種苗法による品種登録を受けた品種名称と同一又は類似の商標をその品種登録を受けた種苗と同一又は類似の商品や役務に使用する商標は登録できないとされています。

「他人の品種名称」とは規定されていないので、通常、商標登録の出願人と育成者権者が同一でも拒絶されると解釈され、異議申立理由(第43条の2)でもあり、5年の除斥期間の無効理由(第46条)となっています。

<種苗法による登録商標の扱い>

種苗法第4条第1項第2号、第3号をみてみましょう。

出願にかかる品種名称について、出願品種の種苗に係る登録商標又は当該種苗と類似の商品やその種苗に係る役務に係る登録商標と同一又は類似のものである場合は、品種登録を受けることができないとされています。

農林水産大臣は、出願品種の名称が登録商標と同一又は類似とされるときは、出願者に対し、相当の期間を指定して、出願品種の名称を登録商標に類似しない名称に変更すべきことを命ずることができます(第16条)。

この名称変更は出願公表後でもその命令を受けることがあり、出願公表、品種登録については、官報に告示されますが、出願公表後の名称変更についても官報に告示されます。

農業関係者に、予め知っていて欲しい事柄です。(*^_^*)

| | コメント (0)

あっという間に、新学期

<気がついたら新学期>

2月初めからは授業が無いので雑用を全て片付けて、余裕を持って新学期に入る予定でした。

ところが、入学試験や講演会や教材準備に追われていたら、気がついたら桜が満開の4月になっていました。<(_ _)>

4月5日からはMIPの授業が始まります。月日が経つのは本当に早いですね。

それにしても、今年の桜はとても綺麗でした。(*^_^*)

来週9日(月)の理科大の入学式まで桜が少しでも残っていてくれたらと願います。<(_ _)>

<今週の土曜日から授業です>

4月1日(日)は、新入生へのガイダンスを行いました。履修科目の相談や質問などで、終わったら夕方になっていました。

私の授業は、7日(土)から始まります。

9時からは「知財学特論C(機械系の明細書を書くなどの演習科目)」、10時40分からは「知的財産法1(特許法・実用新案法の基礎科目)」、午後は横浜の情報セキュリティー大学院大学で「セキュア社会制度論」を担当します。

私にとって土曜日は非常に緊張する日で、朝4時には目が覚めますし、朝7時過ぎには大学院に到着しています。

月曜日の午後は、昼間の院生用の「知的財産法1(特許法・実用新案法の基礎科目)」の授業があります。金曜日の夜は、2年生の院生のプロジェクト研究の指導を担当しています。

今年は、「広域関東圏知的財産戦略本部」の本部員や「第2回ものづくり日本大賞」の地方選考分科会委員などで勉強させて頂きます。大変楽しみにしています。

それ以外の会議や講演会や学会などの合間を縫って、教材作りや放送大学の収録が入っています。

今年度も頑張ってお仕事をしますので、どうか宜しく御指導下さいませ。

風邪の後、教材作り、原稿書き、報告書チェックに追われていました。<(_ _)>

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »