« 自民党の「知的財産推進計画2007」への提言 | トップページ | 広島の地域ブランド2 »

広島の地域ブランド

ここから今週のお話です。今週は、広島出張と放送大学のロケで追われていました。<(_ _)>

<広島の地域団体商標>

月曜日の授業後、広島に飛行機で行きました。夜9時過ぎにホテルに到着したのですが、夜の移動は市内の様子が見えないのが残念ですね。(*^_^*)

そこで、ホテル内のレストランに飛び込んでメニューを拝見しました。最近、各地域のホテルは地場の食材を使う傾向が強くなっています。レストランのメニューは地域ブランドを確認するのに大変参考になります。(*^_^*)

Rimg1487

気がついたことは、広島は酒の宝庫であること。日本酒、焼酎などたくさんの種類がありました。また、レモン、はっさく、みかんなどのシトラス類が多いことでした。

「広島の酒」、「広島みかん」、「広島はっさく」は地域団体商標が登録されていることを改めて納得した次第です。

<広島市内>

火曜日は朝から、広島市内を見学させて頂きました。

広島市は美術館が大変多い都市です。ひろしま美術館広島市現代美術館広島県立美術館など、素晴らしい作品が揃っています。(*^_^*)

とりわけ、ひろしま美術館は有名画家の作品の宝庫で驚きました。貸出中作品の一覧を御覧になると驚かれると思います。<(_ _)>

広島市現代美術館の前には、広島市立マンガ図書館がありました。こちらも拝見して来ました。<(_ _)>

Rimg1459

原爆ドーム、広島平和記念資料館、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館も拝見しました。

外国からの訪問客が多いためと思いますが、これらの施設の言葉に対する配慮の充実に改めて驚かされました。

広島平和記念資料館の「音声ガイド」の外国語の種類の多さを御覧下さい。

Rimg1475

また、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館の「遺影の検索システム」は、日本語、日本語子供用(ひらがな)、英語、中国語、韓国語のパンフレットを右のホルダーに差し込むとその言語で検索できる優れものでした。

Rimg1482

Rimg1481

広島商工会議所での講演と放送大学のロケ(知的財産高等裁判所と特許庁)のお話は次回にて。(*^_^*)

|

« 自民党の「知的財産推進計画2007」への提言 | トップページ | 広島の地域ブランド2 »

コメント

地域ブランド保護の問題では、中国の「青森」商標登録事件なんかもありましたね~。
知的財産保護に対する方針は国によって違いますから、地域ブランドを国際的に保護していくことは、まだまだ難しそうですね。
例えば、ブルガリアヨーグルトは販売当初ブルガリア本国からクレームを受けたそうですが(現在は許可を受けています)、日本の法律上は許可を受けずに販売しても問題は無い……ですよね?

このような場合も、不正競争防止法に抵触するのでしょうか?

投稿: 原山 | 2007年5月25日 (金) 17時10分

原山様
素晴らしいコメント、ありがとうございます!(*^_^*)
「ヨーグルト」については、日本の法律上の問題はありませんでしたね。
メーカーとブルガリア本国の話し合いがついて良かったです。(*^_^*)

それでは、「ワイン」や「蒸留酒」ならどうなるでしょう?
例えば、日本のメーカーがフランスの有名なワインの産地である「ボルドー」を冠して、「ボルドーワイン」と名付けて販売した場合です。何の規定に違反するのでしょうか?(*^_^*)

明日の授業の後、そっと答えを教えてください。<(_ _)>

投稿: 生越由美 | 2007年5月25日 (金) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党の「知的財産推進計画2007」への提言 | トップページ | 広島の地域ブランド2 »