« 山田洋次監督とシネマ歌舞伎 | トップページ | 米国特許法のルール改正施行に対する裁判所の差止命令 »

再生医療と特許

<脳梗塞治療研究プロジェクトの進捗と産学連携>

NHK総合の「NHKスペシャル」で、再生医療技術に基づく「札幌医科大学の臨床研究」を取り上げるそうです。

11月5日(月) 午後10時~午後10時49分

NHK総合:『眠れる再生力を呼びさませ ~脳梗塞・心筋梗塞治療への挑戦~(仮)』

是非、御覧下さい!o(^-^)o

<再生医療と特許>

番組の内容は、脳梗塞発症の初期段階であれば、発症後でも治療できることを実証したものだそうです。その背景には、骨髄由来の幹細胞の細胞培養が3週間程度で可能にする技術があり(通常は6~7週間)、既に特許を取得しています。

このビジネスモデルと特許取得で活躍されたのが佐々木信夫さんです。特許庁の特許技監を退職後、故郷の札幌市を拠点に活躍されています。(*^_^*)

余談ですが、私が特許庁の審判部書記課(現:審判課)の課長補佐だったときの審判部長(その後、特許技監)が佐々木さんでした。ちなみに、特許庁長官は荒井寿光さんでした。<(_ _)><(_ _)>

<医療方法特許の審査基準改正>

2003年8月7日、「人間を手術、治療又は診断する方法」の審査基準が改訂されました。

改正経緯は、2002年7月3日、知的財産戦略会議が示した「知的財産戦略大綱」にて「再生医療、遺伝子治療関連技術の特許法における取扱いの明確化」をすべきとの指摘を受けたためです。これを受け、2002年10月以降、産業構造審議会知的財産政策部会特許制度小委員会医療行為ワーキンググループが設置され審議が重ねられ、審査基準が改正されたのです。

しかしながら医療方法特許を認める範囲はまだまだ限定的であるという指摘もあり、かつ医療方法特許の権利主張の制限や医師の特許侵害免責などを含めて国民的な議論がまだまだ不足していると指摘されています。

この機会に医療方法特許について考えていただければと願います。<(_ _)>

|

« 山田洋次監督とシネマ歌舞伎 | トップページ | 米国特許法のルール改正施行に対する裁判所の差止命令 »

コメント

唐突にも失礼ながら、検索でヒットしての訪問です。札医の脳梗塞再生医療の書き込みをブログに!特許に関連して1996年に「ハーパー生化学」24版に「糖タンパク質」という新しい章が設けられ8つの単糖が細胞間コミュニケーションを為していると!アメリカのM社がこの年、糖質栄養【8つの単糖による組み合わせから出来る鎖鎖を活性化する糖栄養素」なるものを二人の科学者が発明!世界96ヶ国に特許を申請して現在30ヶ国にて承認【日本はいまだ認可されていないですが】特許申請書誌あります!

投稿: 情報や本舗 | 2008年10月11日 (土) 22時39分

私は2年半前に脳幹出血で倒れた兵庫県赤穂市に住む49歳の男性です。毎日、リハビリに励んで降りますが左半身麻痺の状態で一向に良くなりません。最近、ES細胞から大脳前駆細胞の分化誘導 に成功という記事がありましたが、このことは脳幹にも応用できるのでしょうか。それとも脳幹はまったく別の細胞に分化させなければ使い物にならないのでしょうか。 また、脳梗塞についての治療法はよくみかけますが、脳出血に関してはいかがなのですか。脳梗塞と基本的には同じであると理解してよろしいのでしょうか。そして、ある程度これから先、脳幹というところは回復する見込みはあるのでしょうか。素人の浅知恵しか持ち合わせておりませんが、お答えくださいませんか。お教え頂ければ幸いで。お忙しい中、失礼とは存じますが、よろしくお願い致します。

投稿: 藤本和彦 | 2009年1月24日 (土) 14時15分

藤本様

コメントありがとうございます。
私と同年ですね。

確かに脳梗塞の治療方法はいろいろと聞いています。
しかし大変申し訳ありませんが、御質問については情報を持っていません。

今後、情報を得ましたら必ず藤本さんにお知らせしますので。
御身体の御回復を心から祈念しています。

生越拝

投稿: 生越由美 | 2009年1月30日 (金) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山田洋次監督とシネマ歌舞伎 | トップページ | 米国特許法のルール改正施行に対する裁判所の差止命令 »