« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

記事・論文の実績(降順)

<この記事は便宜的に2007年12月31日を公開日としています>

◎2008年4月15日(火)

「産学官連携ジャーナル」で『食と農林水産の知財戦略』を執筆

◎2008年3月28日(金)
旬の食材 別巻 日本ブランド食材」の巻頭言『高まるブランド食材の価値』を執筆

◎2008年3月7日(金)
「日本知財学会誌」で『文化産業におけるデジタルコンテンツの知財戦略』を執筆

◎2008年2月6日(水)
「毎日新聞」朝刊28面の『青森ブランド守る 中国企業の商標登録 当局が却下』でコメント執筆

◎2008年1月1日(火)
「観光物産やまがた」に『「おしん」で山形を世界メジャーにしよう!』を執筆

◎2007年12月26日(水)
「フジサンケイ ビジネスi」のi's eyeで『農林水産の知財戦略推進を』を執筆

◎2007年12月22日(土)
「週刊 東洋経済」の『「技術経営」と「知財戦略」の両軸でイノベーションに貢献』でコメント

◎2007年12月8日(土)
「讀賣新聞」朝刊15面の『iPS細胞研究競争』でコメント

◎2007年12月1日(土)
「発明時報6月号」の『コラム 文化産業と知的財産(5)』を執筆

◎2005年11月1日(木)
「発明通信」に『国際競争の生き残りのキーワード』を執筆

◎2007年10月1日(月)
「情報の科学と技術」の『知財人材育成』を執筆

◎2007年10月1日(月)
「発明時報6月号」の『コラム 文化産業と知的財産(4)』を執筆

◎2007年8月1日(水)
「発明時報6月号」の『コラム 文化産業と知的財産(3)』を執筆

◎2007年7月1日(日)
目で観る歌舞伎7月号」で紹介

◎2007年6月1日(金)
「発明時報6月号」の『コラム 文化産業と知的財産(2)』を執筆

◎2007年4月19日(木)
Right Now!(ライトナウ)6月号』の「知財キーパーソン一覧」で紹介

◎2007年4月18日(水)
「讀賣新聞」朝刊15面の論点に『知的財産推進計画 文化産業への支援必要』を執筆

◎2007年4月12日(木)
「朝日新聞」朝刊15面の私の視点ワイドに『地域ブランド 知的財産として活性化を』を執筆

◎2007年4月1日(日)
「発明時報4月号(社団法人 発明協会東京支部)」の『コラム 文化産業と知的財産(1)』を執筆

◎2007年2月19日(月)
「毎日新聞」夕刊2面の「特集ワイド なんで?どうして?」においてコメント

◎2007年2月19日(月)
Right Now! (ライトナウ)4月号」の『イノベーション促進の処方箋』を執筆

◎2006年12月20日(水)
 産学連携と知財戦略 第12回「農工連携の実例」を執筆

◎2006年12月12日(火)
 『読売新聞』の「地域ブランド進行形(1)」においてコメント

◎2006年11月22日(水)
産学連携と知財戦略 第11回「明細書におけるデータ捏造問題」を執筆

◎2006年11月1日(水)
月刊 発明通信」に『文化産業と知財戦略』を執筆
「hatsumei.07.11.pdf」をダウンロード

◎2006年10月25日(水)
産学連携と知財戦略 第10回「知識社会と職務発明訴訟」を執筆

◎2006年10月24日(火)
東京財団委託研究『文化産業を育成する知的財産に関する調査研究』をネット公開

◎2006年10月19日(木)
Right Now! (ライトナウ)12月号」の『知財フロントランナー回想録』を執筆

◎2006年10月18日(水)
「日経産業新聞」3面で「職務発明最高裁訴訟」についてコメント

◎2006年10月8日(日)
地域ブランド調査2006結果発表会における記念討論のレポートで紹介

◎2006年9月27日(水)
産学連携と知財戦略 第9回「知識社会の中心価値は『ゆたかな時間』」を執筆

◎2006年8月30日(水)
産学連携と知財戦略・第8回「Product Placementを越える『紅花成功物語』」を執筆

◎2006年8月1日(火)
オペレーションズ・リサーチ8月号」に『知識社会と知的財産』を執筆

◎2006年7月27日(木)
「朝日新聞」の私の視点に『知的財産訴訟 弁護士らの報酬に透明性を』を執筆

◎2006年7月26日(水)
産学連携と知財戦略・第7回「『芸術』と『科学技術』の融合が始まった」を執筆

◎2006年7月1日(土)
「日本人のちから」に『国際的な「対決力」を持つ知財戦略とは』を執筆

◎2006年6月30日(金)
東京理科大学創立125周年記念』に「知財戦略と日本の未来~母校はメンテナンス・ドック~」を執筆

◎2006年6月28日(水)
産学連携と知財戦略・第6回「文化がイノベーションを誘発する」を執筆

◎2006年5月31日(水)
産学連携と知財戦略・第5回「大学発明の外国出願が奨励されるのはなぜか」を執筆

◎2006年5月24日(水)
「讀賣新聞」の論点に『知財のデジタル化』を執筆

◎2006年4月26日(水)
産学連携と知財戦略・第4回「パラメータ特許と明細書の書き方」を執筆

◎2006年3月22日(水)
産学連携と知財戦略・第3回「明細書の書き方のポイントはストーリー」を執筆

◎2006年2月22日(水)
産学連携と知財戦略・第2回「大学特許で革新を促進するには」を執筆

◎2006年1月25日(水)
産学連携と知財戦略・第1回「特許電子図書館(IPDL)のワナ」を執筆

◎2005年12月
科学フォーラム」に『知的財産に関する最近のトピック』を執筆

◎2005年12月
「東研ニュース」に『知的財産をめぐる現状と発明家へのアドバイス』を執筆

◎2005年12月1日
月刊 発明通信」に『再考・ビジネスモデル特許』を執筆
「hatsumei0612.pdf」をダウンロード

◎2005年11月
「日本の論点2006」に『特許無効審判の欠陥――中小企業に泣き寝入りを強いて何が知財立国か』 を執筆

◎2005年10月
月刊テクノロジーマネジメント」に『「一太郎」訴訟問題の本質』を執筆

◎2005年7月
「投資育成マネジメントニュース」に『先端企業の攻めの知財戦略』を執筆

◎2005年7月
月刊テクノロジーマネジメント」に『先端ビジネスと日米の知財制度の動向』を執筆

◎2005年5月1日
月刊 発明通信」に『万国博覧会と知的財産』を執筆
「hatsumei0605.pdf」をダウンロード

◎2005年4月
月刊 InterLab」に『知財は「所有」から「利用」の時代へ』を執筆

◎2005年4月
月刊 力の意志」に『国家戦略における知的財産問題 日・米・中の動向を検証する』 を執筆

◎2005年2月21日
「パテント」に『MOTと大学の知財戦略』(2004年12月15日に発表された「パルミサーノ・レポート」の意義についても説明)を執筆
「jpaapatent200502_002-014.pdf」をダウンロード

◎2004年9月
「朝日新聞」の私の視点に『知識経済社会への対応急げ』を執筆

◎2004年4月7日(木)
「讀賣新聞」の論点に『コンテンツ産業振興 「知財」まず国民の意識改革』を執筆

| | コメント (0)

著書(降順)

<この記事は便宜的に2007年12月31日を公開日としています>

◎『デジタル時代の知的資産マネジメント
共著、白桃書房、2008年4月

◎『社会と知的財産
共著、日本放送出版協会、2008年3月

◎『知財最前線からのメッセージ』 
共著、 (財)経済産業調査会、2007年2月

◎『文化産業を育成する知的財産に関する調査研究』 
単著、東京財団、2006年10月(ダウンロードできます)

◎『知財戦略の基本と仕組みがよ〜くわかる本』 
共著、 ㈱秀和システム、2006年2月

◎『MOT 知的財産と技術経営』 
共著、丸善㈱出版事業部、2005年10月

◎『DVD-ROMで学ぶ「知的財産」入門
共著、PHP研究所、2004年9月

| | コメント (0)

これまでの実績(降順)

<この記事は便宜的に2007年12月31日を公開日としています>

◎2008年8月8日~8月11日
「社会と知的財産(第1~8回)」
2008年度から「4年+半年間」に放映予定
シラバス:放送大学カリキュラム:http://www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/H20/kyouyou/ippan_syakai/1542303.html
放映時間:http://www.u-air.ac.jp/hp/bangumi/nenkan/bangumi_1/0207.htm

◎2008年7月24日(木)仙台
「特許流通講座」
場所:ハーネル仙台

◎2008年6月29日(日)東京
知財学会で発表
場所:日本大学

講演番号 2C2
知財制度論
13:00~13:20(予定)
地域資源の創造、保護、活用に関する知財問題

講演番号 2C5
知財制度論
14:10~14:30(予定)
農林水産分野における知財問題

座長
15時40分~16時20分(予定)        
【知財教育セッション(2D9-2D10)】

講演番号 2D10
知財教育
6月29日(日)16:00~16:20(予定)
歴史資源を活用した知財教育に関する研究

◎2008年6月28日(土)東京
知財学会で発表
場所:日本大学

講演番号 1J2
知的財産の新領域
6月28日(土)16:10~16:30(予定)
日本ブランドを高めるコンテンツ資源に関する研究

◎2008年6月26日(木)東京
東京理科大学「MIP大学院エッセンス講座」
場所:神楽坂キャンパス(森戸記念館)

◎2008年6月24日(火)広島
「特許流通講座」
場所:メルパルク広島

◎2008年6月19日(木)東京
「特許流通講座」
場所:石垣記念ホール

◎2008年6月11日(水)鳥取県
「発明協会鳥取県支部総会」
場所:ウェルシティ鳥取

◎2008年5月11日(日)愛知県
「東海発明研究会」

◎2008年3月14日(金)
「神楽坂 人・未来フォーラム」
主催:東京理科大学 神楽坂 人・未来研究部門
http://www.hitomirai.kagu.tus.ac.jp/

◎2008年3月7日(金)
TBS「イブニング・ファイブ」でコメント

◎2008年3月5日(水)13時30分~17時
「地域ブランドシンポジウム in 東京」
会場:東京駅八重洲ビジネスセンター ホール2A                             主催:関東経済産業局http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/tokkyo/20080305chiikibrandtokyo.html       

◎2008年2月26日(火)
NHK「クローズアップ現代」の『農産物を知的財産に』に出演

◎2008年2月25日(月)13時30分~16時55分
「地域資源活用シンポジウムin中部」
会場:中日パレス クラウンホール(中日ビル5階)
主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構中部支部http://www.smrj.go.jp/chiikishigen/jimukyoku/chubu/033684.html

◎2008年2月5日(火)茨城県
「農林水産研修」
場所:つくば農林水産研修所

◎2008年1月29日(火)愛知県
「知的財産について」
場所:愛知大学車道校舎

◎2008年1月23日(水)東京都
「知財政策研修」
場所:航空会館

◎2007年12月12、13日(水、木)長野県
「信州大学工学部」で大学生向けに講演
http://wwweng.cs.shinshu-u.ac.jp/

◎2007年12月10日(月)名古屋
「中部知的財産フォーラム2007」で講演
場所:メルパルクNAGOYA
www.chizai2007.com

◎2007年12月5日(水)鳥取県
鳥取県青谷高校で講演
「21世紀は知的財産の時代」

◎2007年11月29日(木)東京都 午後
「パテントソリューションフェア」でパネルの座長
「知財で活躍する女性」の人材育成
場所:東京ビッグサイト

◎2007年11月29日(木)茨城県 午前
「農林水産省研修」で講演

◎2007年11月28日(水)鳥取県
「知的財産セミナー」で講演
場所:倉吉体育文化会館

◎2007年11月27日(火)東京都 13:50~15:30
アグりビジネス創出フェア2007
「農林水産知的財産ネットワークシンポジウム」
基調講演「食と農林水産の知財戦略」

◎2007年11月21日(水)香川県 午後
平成19年度大学等研究者対象セミナー
主催:四国経済産業局
共催:香川大学
実施:株式会社テクノネットワーク四国(四国TLO)

◎2007年11月16日(金)東京都 午後
東京都中央卸売市場大田市場
「農業分野の知財戦略」

◎2007年11月8日(木)東京都 夜
「MIPエッセンス講座」で講演
「文化産業と知的財産」
場所:東京理科大学・生涯学習センター
対象:募集形式

◎2007年11月8日(木)栃木県 午後
私立大学庶務課長会で講演
「文化産業と知的財産」

◎2007年10月18日(木)大阪府
知財ビジネスマッチングフェア2007
場所:インテックス大阪

◎2007年10月12日(金)東京都
シンポジウム「著作権保護期間延長の経済効果」で総合司会
場所:慶應義塾大学 Global Studio

◎2007年9月27日(木)茨城県
「知的財産基礎研修」で講演
場所:農林水産研修所 生活技術研修館

◎2007年9月21日(金)三重県
「地域団体商標」にかかる職員勉強会
場所:三重県勤労者福祉会館

◎2007年9月19日(水)東京都
JICA・APEC研修
「知的財産権を巡る国際的動向」

◎2007年9月18日(火)島根県
島根県松江農林高等学校
「21世紀は知的財産の時代~攻めの農林水産戦略が始まった~」

◎2007年9月11日(火)長野県
「ナノテク・フォーラム長野」で講演
場所:財団法人長野テクノ財団主催セミナー

◎2007年8月31日(土)東京都
第17回実装研究会で講演
「文化産業と知的財産」

◎2007年7月30日(月)東京都
JPO/IPR研修「中国実務者コース」
「知的財産権制度概論(各制度の意義と特徴)」

◎2007年7月18日(水)東京都18:30~20:00
【知的財産戦略専攻(MIP)】体験授業・入試相談会
「文化産業と知的財産」
http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/list.php

◎2007年7月18日(水)東京都12:20~13:50
【知的財産戦略専攻(MIP)】体験授業・入試相談会
「文化産業と知的財産」
http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/list.php

◎2007年7月1日(日)東京都
「日本知財学会」でインテンシブセッション発表
場所:東京大学工学部2号館

◎2007年7月1日(日)東京都
「日本知財学会」で座長
場所:東京大学工学部2号館

◎2007年6月7日(水)東京都
MIPエッセンス講座
「特許法・実用新案法」
場所:東京理科大学・生涯学習センター

◎2007年5月26日(土)東京都
「プロジェクト研究発表会」で研究室の院生発表でコメント
場所:東京理科大学1号館

◎2007年5月22日(火)広島県
「平成19年度第1回広域交流委員会」で講演
場所:広島商工会議所

◎2007年5月16日、23日、30日、6月6日、13日(水)東京都
國學院大學
「知的財産セミナー」
場所:國學院大學
対象:國學院大學職員

◎2007年3月22日(木)東京都
東京会議Hokkaido(http://hot.tsuken.co.jp/index2.html)
「地域に役立つ文化産業と知的財産&地域ブランド戦略」
場所:北海道東京事務所
対象:東京会議Hokkaidoメンバー

◎2007年3月13日(火)夜 東京都
第61回21世紀構想研究会
「文化産業が日本の起爆剤となる!」
場所:日比谷プレスセンタービル
対象:NPO法人21世紀構想研究会会員

◎2007年3月13日(火)午後 静岡県 
『地域資源活用シンポジウムin静岡』
~地域中小企業サポーターズサミット~
場所:ホテルセンチュリー静岡・クリスタルルーム
費用:無料
主催:関東経済産業局、静岡県、(独)中小企業基盤整備機構関東支部等
定員:300名、参加は無料

◎2007年3月6日(火)静岡県
「地域ブランド権利化の動向」
場所:ホテルプリヴェ静岡ステーション
対象:食品産業協議会並びに県中小企業団体中央会の食品関連組合並びに構成事業所

◎2007年2月20日(火)東京都
「東京都における知的財産施策の可能性」
対象:東京都庁職員

◎2007年2月15日(木)東京都
「WIPO行政研修」
対象:アジア各国の行政官

◎2007年2月6日(火)東京都
「文化産業と知的財産」
対象:松竹株式会社演劇事業部

◎2007年1月24日(水)東京都
「文化産業を育成する知的財産に関する調査研究」の報告会
会場:日本財団ビル2階 大会議室。
定員:約250名

◎2007年1月17日(水)東京都:東京フォーラム
「ベンチャーフェアJAPAN2007」
「セミナールーム・プログラム」のモノ作り系セミナー「特許の上手な活用法」(申し込み制、抽選) 
http://vfj2007.smrj.go.jp/program/

◎2006年12月26日(火)石川県
 「石川県農業総合研究センター」で講演
http://www.pref.ishikawa.jp/noken/

◎2006年12月6日(水)東京都
「自治体研修」で講演
主催:独立行政法人 工業所有権情報・研修館

◎2006年12月2、3日(土、日)京都府
分野融合フォーラム「伝統工芸と科学技術」でディスカッション
主催:(独)科学技術振興機構 研究開発戦略センター

◎2006年11月30日(木)鹿児島県
「地域ブランドフォーラムin九州」で講演
場所:鹿児島サンロイヤルホテル
主催:(独)中小企業基盤整備機構九州支部地域振興課

◎2006年11月29日(水)茨城県
「農林水産研修所 生活技術研修館」で講演

◎2006年11月26日(日)広島県
「知的創造サイクル啓発事業」で小学校の先生と小学生向けに講演
http://www.chitekisouzou.jp/

◎2006年11月17日(金)東京都
「第10回 軽金属フォーラム」で講演
http://www.lm-foundation.or.jp/lmfhp.nsf/news?OpenPage&Click=

◎2006年11月12日(日)福岡県
「知的創造サイクル啓発事業」で小学校の先生と小学生向けに講演
http://www.chitekisouzou.jp/

◎2006年11月9、10日(水、木)長野県
「信州大学工学部」で大学生向けに講演
http://wwweng.cs.shinshu-u.ac.jp/

◎2006年11月3日(金)北海道
「知的創造サイクル啓発事業」で小学校の先生と小学生向けに講演
http://www.chitekisouzou.jp/

◎2006年11月1日(水)東京都
「次世代指導者育成プログラム」で講演

◎2006年10月26日(木)埼玉県
「広域関東圏地域ブランド戦略化フォーラム」で基調講演とパネルディスカッションのコーディネートhttp://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chikishigen/chiikibrand/20061026brandforum.html

◎2006年9月26日(火)東京都
「地域ブランド調査2006結果発表会」で記念討論
http://tiiki.jp/about/news_release/2006_08_22.html

◎2006年8月31日(木)東京都
平成18年度JICA・APEC研修

◎2006年8月23日(木)三重県
「三重県知的財産戦略セミナー」で基調講演
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2006070184.htm

◎2006年7月14日(金)東京都:東劇
「シネマ歌舞伎を観賞し、伝統文化の知財保護を考えるセミナー」を開催
http://www.sut.ac.jp/news/2006/0613_2.html
報告 http://www.sut.ac.jp/news/2006/0720.html

◎2006年7月5日(木)東京都
平成18年度JPO/IPR研修(IPトレーナーズコース)

◎2006年6月29日(木)&30日(金)島根県
「しまね地域ブランド戦略セミナー」で講演
http://www3.pref.shimane.jp/houdou/press.asp?pub_year=2006&pub_month=6&pub_day=7&press_cd=A5781115-9FE7-4A4B-8064-4ADF08165641

◎2006年5月25日(木)大阪府
「地域ブランド戦略フォーラムin近畿2006」でパネルディスカッション
http://www.kansai.meti.go.jp/3-2chisin/brandforum/18fyoosaka-forum.html

◎2006年2月1日(水)高知県
「中小・ベンチャー企業(実務者向け)知的財産権セミナー」で講演
http://www.hirameki.jiii.or.jp/sibu/koti/koti.htm

◎2006年1月24日(火)徳島県
「中小・ベンチャー企業(実務者向け)知的財産権セミナー」で講演
http://www.hirameki.jiii.or.jp/sibu/tokusima/tokusima.htm

◎2006年1月8日(日)愛知県
「東海発明研究会」で基調講演
http://www3.ocn.ne.jp/~touken/

2008年1月30日修正

| | コメント (0)

これからの予定(昇順)

<この記事は便宜的に2007年12月31日を公開日としています>

◎2008年度から「4年+半年間」に放映予定
シラバス:放送大学カリキュラム:http://www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/H20/kyouyou/ippan_syakai/1542303.html
放映時間:http://www.u-air.ac.jp/hp/program/nenkan/bangumi_1/0205.htm

◎2008年9月6日(土)福井 午後
福井県事業
場所:福井県鯖江市 サンドーム福井

◎2008年9月12日(金)長野 午後
知的財産戦略カレッジ
場所:伊那市プリエキャスレード

◎2008年9月22日(月)東京 午後
NPOエコデザイン推進機構公開講演会
場所:東京大学農学部弥生講堂

◎2008年10月2日(木) 東京 午前
パテントソリューションフェア2008
場所:東京・ビックサイト

◎2008年11月6日(木) 東京 夜
東京理科大学・生涯学習センター
場所:神楽坂

| | コメント (0)

プロフィール

<経歴>
1959年12月、大阪生まれ。1965年以降、東京育ち。
1982年3月東京理科大学薬学部卒業、同年4月経済産業省特許庁入庁、審査第三部審査官、審判部審判官を経て、97年審判部書記課長補佐、2000年特許審査第二部主任上級審査官、02~04年信州大学大学院非常勤講師(兼任)、03年特許審査第二部上席総括審査官(室長)、同年10月政策研究大学院大学助教授を経て、
05年から東京理科大学専門職大学院(MIP)教授、現在に至る。

<現在の主な肩書き>
放送大学客員教授(兼任)
情報セキュリティ大学院大学客員教授(兼任)
信州大学工学部非常勤講師(兼任)
國學院大學文学部非常勤講師(兼任)
東京理科大学総合研究機構(神楽坂 人・未来研究部門)(兼任)

<現在の主な公職>
知的財産戦略本部コンテンツ・日本ブランド専門調査会委員
内閣府 総合科学技術会議産学官連携功労者表彰選考委員
農林水産 技術会議専門委員
経済産業省 関東経済産業局・広域関東圏知的財産戦略本部員
経済産業省 中国経済産業局・中国地域知的財産戦略本部
総務省 携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会構成員
経済産業省 ものづくり日本大賞選考事業関東地域選考分科会審査委員
中小企業基盤整備機構 地域資源活用企業化コーディネート活動等支援事業審査会審査委員
埼玉県 科学技術会議委員

<受賞歴>
2008年6月、(財)機械産業記念事業財団の第1回知的財産学術奨励賞において日本知財学会特別賞を受賞。

<主な活動>
NPO21世紀構想研究会 産業技術・知的財産権委員会 委員長
デジタルシネマ実験推進協議会 会員

<協力活動>
内閣府主催の「チャレンジ・キャンペーン~女性学生・生徒の理工系分野への選択~」

<専門分野>
「知財政策」「知財教育」「地域ブランド」「文化産業」

<連絡先>
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-25-1-12 セントラルプラザ2階 東京理科大学専門職大学院
電話: 03-5227-6260(大学事務室)

メール:ogose☆rs.kagu.tus.ac.jp
(スパム対策のため大文字とし、「☆」にしてあります。
送信の際は「☆」を「@」に変えて下さい)

このプロフィールは良識ある紹介記事については著作権を許諾しますので適宜御活用下さい。

| | コメント (0)

フジサンケイ ビジネスアイ

<風邪を引いていました>

本当にご無沙汰しておりました。<(_ _)><(_ _)>

風邪を引いていました。

熱が出て、声が出ず、仕事に追われながら、ようやく年末に辿り着きました。(T_T)

風邪を引いても、仕事が減らないのが大人の辛いところですね。<(_ _)>

<アンケート調査の御礼>

先のブログのアンケートに多くの方に御協力を戴きました。(*^_^*)

心から御礼申し上げます。<(_ _)>

今、岡村さんが論文にまとめているところですが、後日、ポイントを御紹介させて頂きたいと考えています。

とっても面白い結果が出ているのですよ。o(^-^)o

<フジサンケイ ビジネスアイ>

理科大のHPでも紹介してくれました。ありがとうございます。(*^_^*)

-----------------------------

本学の専門職大学院 総合科学技術経営研究科 知財戦略専攻(MIP)の生越由美教授による地域ブランドに関する論稿が、2007年12月26日『フジサンケイビジネスアイ』の「I’s eye」というコーナーに掲載されています。

2006年4月から「地域団体商標」制度が施行され、2007年3月には「農林水産省知的財産戦略」が策定され、地域ブランドの保護強化に舵が切られました。和牛の「松坂牛」、魚の「関あじ・関さば」、イチゴの「あまおう」などに代表される地域ブランドはおいしく、安全・安心で希少価値などの高い付加価値を有する食材として需要が増えています。これら地域ブランドが持つ問題点や、それらを解決するための法整備などについて論じています。また欧州・中国で取り組まれている地域の農産物保護などについても紹介し、日本の農林水産分野への知財戦略の推進を提言しています。

記事の詳細はぜひ紙面をご覧ください。

■掲載紙
『フジサンケイビジネスアイ』 2007年12月26日付

-----------------------------

来年は体調管理をしっかりします。(*^_^*)

まずは食べることが基本ですね。o(^-^)o

| | コメント (2)

アンケート調査への御協力のお願い

<現在の知財人材に聞いてみよう!>

私の研究室では、知財教育の研究をしている院生が何人かおります。(*^_^*)

幼児、小学生、中学生、高校生、大学生、一般人などの年齢別や、芸術からのアプローチや起業家からのアプローチなど、実にさまざまです。(^_^;)

この度、小学生の知財教育を行っている岡村さんからお願いされました。私のブログを読んでくださる方は「知財人材」であろうから、是非、下記のアンケートにご協力を戴きたいとのこと。

URL:http://www012.upp.so-net.ne.jp/mip_enquete/
パスワード:chizaijinzai

<締切:12月9日24時>

ブログをお読み戴けるだけでも御奇特な方々と感謝しておりますのに、更にアンケートへのご協力をお願いするずうずうしさを御寛容下さい。<(_ _)><(_ _)>

<子供時代に知財基礎教育のヒントがある?>

○当アンケートで聞きたいこと・知りたいこと○
*小学生時代に知財人材になるきっかけがあったかどうか
*知財人材と美術館・博物館との繋がり

○当アンケートの「知財基礎教育」とは…○
知財にまつわる権利や法律という観点の法律教育に入る前に行う教育を指しています。
知財教育とは、「ものを作り出す人間及びそれを使う人間として必要な知識や感性を育て、人間が創作したものの価値を知ろうとできる人材や感動できる人材を育てる教育」と考えています。

プロジェクト研究の中では、 特に小学生時代という様々な基礎学習がなされる時代に、知財教育の基礎学習が必要ではないかと仮説を立てています。

そこで博物館や美術館の教育普及活動からヒントを得て、学校内ではなく学校外で1人でも出来る知財教育が存在するのではないか、との考えから研究を進めています。

----------------------------

・・・というユニークなものです。フランスで生活した経験が長い方なのです。o(^-^)o

彼女はこの仮説を立証できるでしょうか?(*^_^*)

皆様の御協力を心からお願い申し上げます。<(_ _)>

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »