« 放送大学のスタジオ収録が終了 | トップページ | 「青森」商標事件が解決! »

知財改革の第Ⅱ期が到来!

<総合科学技術会議の再始動>

2008年1月25日に、総合科学技術会議の下に設置されている「知的財産戦略専門調査会」が第37回の会合を開催しました。

この専門調査会は2004年1月に設置され、第1回会合が3月から始まりました。先回(第36回)の会合は2007年5月でしたので8ヶ月ぶりの開催です。o(^-^)o

当日は放送大学の収録と重なり傍聴できず、大変残念でした。

配布資料がHPに掲載されるのを楽しみにしています。(*^_^*)

<特許庁の意見募集>

特許庁からお知らせがありました。現在、「イノベーションと知財政策に関する研究会」で知財政策を議論されており、インターネットで意見募集を開始したそうです(締切は2月25日)。

意見対象は「グローバルな調和、透明性・予見性の確保、イノベーションの促進のために~変化に対応したプロパテント政策の強化~」です。

皆様、どうかご意見をお寄せ下さい。<(_ _)>

意見募集のサイト

<日本の知財改革>

知財改革の第Ⅰ期の発端は「21世紀の知的財産権を考える懇談会報告書 ~これからは日本も知的創造時代~」という1997年5月に発表された報告書と私は考えています。<(_ _)>

この報告書の発表から11年後の今、どのような議論となるのでしょう。

今回の総合科学技術会議や特許庁の動きを見ると、第Ⅱ期が始動されたと思われますね。

知財改革の第Ⅱ期に相応しい議論や報告書の作成が大いに期待されます。(*^_^*)

|

« 放送大学のスタジオ収録が終了 | トップページ | 「青森」商標事件が解決! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放送大学のスタジオ収録が終了 | トップページ | 「青森」商標事件が解決! »