« 記事・論文の実績(降順) | トップページ | 昨年の御報告 »

謹賀新年2008

明けましておめでとうございます!(*^_^*)

今年も宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>

お正月明けに締切が3本ありますが元旦くらいはのんびりしようと、今日はDVD『野田版 鼠小僧』を見たり、本『商いはたねやに訊け』を拝読していました。<(_ _)>

心身ともに、健康第一ですよね。o(^-^)o

以下、昨年度分も含めて報告させてください。<(_ _)>

<新日本様式

このブログで何度かご紹介している「シネマ歌舞伎」が2007年に「新日本様式」に選定されました。「J057」です。関係者の皆様に心からお祝い申し上げます。<(_ _)>

日本ブランドの観点から、11月末に東京・お台場の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「JAPATEX2007」という展示会を拝見してきました。

和傘の日吉屋の和風照明『古都里』など、興味深い作品が多かったです。「J081」です。

Nec_0692

私は2年前からシネマ歌舞伎を研究対象にしていたのですが、当時は日本ブランドと認識できない方が多くて苦労しました。分かりやすい形になって良かったと思います。(*^_^*)

今年1月12日から『野田版 研辰の討たれ』というシネマ歌舞伎が上映されるそうです。私は昨年末のマスコミ試写で拝見しましたがとても面白かったです。o(^-^)o

そこで、今日は同じく野田秀樹氏の演出である『野田版 鼠小僧』を見ながら日本ブランドの海外発信を考えていた次第です。仕事の一環かしら?(^_^;)

<商いはたねやに訊け>

たねや」という和菓子メーカーをご存知ですか?多くの有名デパートに出店している名店です。どのお菓子も独創性がありながら、繊細な名品です。(*^_^*)

たねやグループCEOのの山本徳次さんの書かれた『商いはたねやに訊け』と『たねやのあんこ』は勉強になります。

近年問題となっている食のブランド化や偽装問題の考え方は大昔からの課題だったと再認識させてくれます。

・お菓子には物語がないといかん。

・農家が元気になってもラワンと困るんや。

・安心、安全、健康ということ。

・儲け急ぎはダメ。

近江商人の考え方は、どれも含蓄があります。この考え方を経営者が維持できるかどうかが分かれ目なのですね。<(_ _)>

今年も「日本ブランドと地域ブランド」が知財の重要な課題と思います。でも案外、国内、それも少し前の江戸時代にヒントがたくさんあるように思います。

是非、明るい2008年にしたいですね。o(^-^)o

|

« 記事・論文の実績(降順) | トップページ | 昨年の御報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 記事・論文の実績(降順) | トップページ | 昨年の御報告 »