« MIPの新入生歓迎会 | トップページ | ガレとジャポニズム »

シコー技研

日経ビジネス

2008.4.28-5.5(合併号)の60頁の「小さなトップランナー」で紹介されているのがシコー技研です。

4月26日(土)の放送大学第4回目で取り上げた企業ですが、同時期に「日経ビジネス」にも掲載されたことに少し驚きました。(@_@)

タイムリーだったのでしょうね。o(^-^)o

放送大学を御覧になった方から、白木学社長の元気溌剌なお話に感銘を受けたと多くのメールを戴きました。<(_ _)>

そ~なんです。凄いパワーをお持ちの社長さんなんです。o(^-^)o

シコー技研

放送大学の番組でもご紹介したのですが・・・。<(_ _)>

パソコンのCPUを冷却するファンモーターをインテルの副社長が飛行機に乗って買い付けに来られたそうです。携帯電話の振動モーターはモトローラ社が採用されました。<(_ _)>

どうして欧米の大企業は日本のベンチャー企業の技術力を発掘できるのでしょう?(@_@)

放送大学の放送教材ではこの点に言及させて頂きました。<(_ _)>

<かれこれ10年>

私が最初にシコー技研の存在を知ったのは『誰もやらない。だからやる。』を拝読した1997年でした。

同年12月に当時の特許技監と共にシコー技研を訪問して調査しました。かれこれ10年以上も経つのですね・・・。(^_^;)

当時のシコー技研はプレハブの社屋でした(現在は立派な社屋に移転されています)。建物に金をかけるなら研究に金をかけるというのが白木社長の意思でした。(*^_^*)

インテル社副社長はこんな建物にある企業が凄いモーターを製造していると驚愕したそうです。(@_@)

私たちもプレハブの社屋にあった「創業以来、実験のために稼動し続けているモーター群」を拝見させて戴いて大変驚きました。(^_^;)

いろいろな観点から、ベンチャー企業にとっての特許制度の重要性を白木社長から教えて頂きました。<(_ _)>

|

« MIPの新入生歓迎会 | トップページ | ガレとジャポニズム »

コメント

生越先生

第4回目も拝見しました。確かに声が出なくて辛そうでした。洋服の衿などはフロアディレクターが直すべきではありませんか。
白鳳堂、シコー技研、光触媒ミュージアムとも大変勉強になりました。
明日、駅売りされる日経ビジネスを読んでみます。10年前から調査されていた企業とは驚きです。

投稿: 北大の学生です | 2008年4月28日 (月) 02時17分

北大の学生様

コメントありがとうございます。(*^_^*)

私がド素人なのですね。<(_ _)>

白鳳堂、シコー技研、光触媒ミュージアムさんたちの今後の御発展が楽しみですね。o(^-^)o

投稿: 生越由美 | 2008年6月 2日 (月) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MIPの新入生歓迎会 | トップページ | ガレとジャポニズム »