« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

韓国経済新聞と韓国弁理士会

<日本知財学会>

お陰さまで無事、4つの発表と1つの座長を終えました。o(^-^)o

2008年6月28日(土)は、発表「日本ブランドを高めるコンテンツ資源に関する研究」

2008年6月29日(日)は、座長「知財教育セッション」、発表「地域資源の創造、保護、活用に関する知財問題」、発表「農林水産分野における知財問題」、発表「歴史資源を活用した知財教育に関する研究」

御参加戴いた皆様に心から御礼申し上げます。<(_ _)><(_ _)>

<韓国経済新聞と韓国弁理士会>

28日の発表を聴講いただいた直後に、韓国経済新聞のLee,Gwan-Woo記者から1時間半のインタビュー取材を受けました。<(_ _)>

Nec_1157

知的財産と文化産業東京理科大学MIPシネマ歌舞伎について多大な関心を寄せて頂きました。(*^_^*)

韓国語への通訳は、韓国弁理士会の事務総長である許在官氏と法際理事の閔丙昊氏がボランティアで行ってくださいました。<(_ _)>

記事なったら教えて下さいね。(*^_^*)

| | コメント (4)

TEPIA知的財産事業学術奨励賞の受賞の御礼

<第1回TEPIA知的財産事業学術奨励賞>

2008年6月28~29日、日本知財学会が開催されました。

28日の午前中には、学会総会の後、第1回TEPIA知的財産事業学術奨励賞の授与式が行われました。<(_ _)>

お陰さまで、知的財産学術分野における『知財政策に関する研究および知財教育』について優れた業績として「日本知財学会特別賞」を戴きました。o(^-^)o

大変光栄なことと思います。<(_ _)>

これも一重に皆様のお陰と感謝申し上げます。<(_ _)><(_ _)>

Nec_1164

授賞式は授業があるため参加できずに、大変残念でした。(T_T)

選定してくださった委員の皆様、表彰式に参列頂いた皆様に心からお詫び申し上げます。<(_ _)>

早いもので公務員を辞めて東京理科大学MIPに移籍してから3年が過ぎました。(^_^;)

現在の研究環境に身を置いてからわずか3年ですが、良い区切りを戴きました。(*^_^*)

これを機に更なる新機軸を開拓しますね。o(^-^)o

今後とも、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。<(_ _)><(_ _)>

| | コメント (2)

特許電子図書館(IPDL)との格闘?

<忙しかった理由>

先々週と先週の2週間、なぜブログの更新ができなかったかを告白しますと教材作りが佳境だったためです。<(_ _)>

以前のブログにも書かせて頂きましたが、MIP院生が演習科目のレポートとして作成した約30本の「(模擬の)特許出願」に対する「(模擬の)拒絶理由通知」を書いていました。<(_ _)>

出張先のホテルで、夜な夜な特許電子図書館(IPDL)と格闘(?)する日々が続きます。(T_T)

パソコンを立ち上げると、まずはIPDLという感じになります。<(_ _)>

<日刊工業新聞>

2008年4月18日の日刊工業新聞で、この「特許出願」の書類作成と「拒絶理由通知」の演習が報道されました。<(_ _)>

確かに珍しい授業なのだと思います。(^_^;)

改めて、審査の仕事は大変だなぁ~と痛感しながら行っています。<(_ _)>

それにしても、記憶している特許公報が出てこないのです。(T_T)

特許電子図書館(IPDL)では十分にサーチができないことのが大きな悩みです。<(_ _)>

<IPDLへの期待>

審査負担軽減のために先行技術開示義務を設けたのであれば、これをサポートする仕組みが必要と思います。

法改正資料によると、第三者の監視負担の軽減のために、分割要件が確認できるようにIPDLの改善が指摘されましたね。(*^_^*)

国内優先、パリ優先の要件確認もできることが期待されていますよ。(*^_^*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

科学技術による地域活性化戦略

第75回の総合科学技術会議

複数の方からもう少し詳しく説明してとのご質問を戴きましたので分かる範囲の資料をお知らせします。<(_ _)>

京都の産学連携推進会議で配布された冊子の一つが、2008年5月19日に総合科学技術会議による「科学技術による地域活性化戦略」でした。<(_ _)>

そこで、5月19日に開催された第75回の総合科学技術会議の配布資料を確認すると面白い資料がたくさんありました。

(1) 革新的技術戦略
(2) 環境エネルギー技術革新計画
(3) 知的財産戦略
(4) 科学技術による地域活性化戦略
(5) 科学技術外交の強化に向けて
(6) 科学技術の振興及び成果の社会への還元に向けた制度改革について(フォローアップ)
(7) 社会還元加速プロジェクト等について
(8) 最近の科学技術の動向「脱石油社会の実現に向けたGM微生物の貢献」 です。

ご関心のある方は、是非、資料を御参照下さい。<(_ _)>

<地域科学技術施策の課題>

科学技術による地域活性化戦略」の中で指摘されていたこと。

人材についての課題として、優秀なコーディネーターの不足、地域を支える研究・技術開発人材のなど不足です。

産学官連携についての課題としては、大学の「研究」と企業の「開発」をつなぐ取組みが不十分、公設試による産学官連携支援機能が不十分などです。

知財分野の人材育成の重要性を改めて感じました。<(_ _)>

| | コメント (0)

特許流通基礎講座と広島の旬の食材

<特許流通基礎講座>

昨日(24日)は広島のメルパルク広島で「特許流通基礎講座」の中で「特許流通を巡る最近の状況」をお話させて頂きました。(*^_^*)

先週の6月19日も東京会場(石垣記念ホール )と同様で、定員を上回る参加者が熱心に聴講してくださったので感激しました。<(_ _)>

Nec_1150

広島の旬の食材(夏)

せっかく広島に来たのですが、すぐに仕事でとんぼ返りしなくてはなりませんでした。(T_T)

せめてお昼に広島の夏の旬が食べたいと思い、「小いわし」を戴くことにしました。

(*^_^*)

最近の悩みは地域ブランドの食材を一人で食べ歩くのは結構難しいことです。(>_<)

いろいろ食べると量も多いし、経済的にも大変なことになります。(^_^;)

最近の大発見です。o(^-^)o

魚介類の場合は地元の回転寿司が助けてくれます。2~3皿でも叱られませんし・・・。<(_ _)>

今日は「小いわしの握りずし(160円)」と「小いわしの唐揚げ(250円)」を戴きました。(*^_^*)

Nec_1151 Nec_1152

とっても美味しかったです。o(^-^)o

| | コメント (0)

第7回産学連携推進会議

<京都宝ヶ池の国際会議場>

6月14日(土)・15日(日)は「第7回産学官連携推進会議」に出席するために京都に参りました。<(_ _)>

4000人を越える参加者で大盛会の会議でした。(*^_^*)

第7回産学官連携推進会の 分科会では活発な議論が行われました。<(_ _)>

Nec_1100

<革新的技術戦略>

岸田文雄内閣府特命担当大臣(科学技術政策)の講演がありました。

キーワードは、国際競争力強化、世界的課題解決、革新的技術戦略(環境エネルギー技術革新計画)、科学技術外交、社会還元加速プロジェクト、科学技術による地域活性化、知的財産戦略でした。

<産学官連携功労者表彰>

大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動において、大きな成果を収め、また、先導的な取組を行う等、産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績を称えることにより、我が国の産学官連携の更なる進展に寄与することを目的とし、平成15年度より毎年一回行われているもので、今回が6回目となります。<(_ _)>

今年から国土交通大臣賞、厚生労働大臣賞、環境大臣賞も加わり、産学官の連携の広がりを実感しました。o(^-^)o

今年の表彰対象はこちらを御覧下さい。<(_ _)>

| | コメント (0)

鳥取の地域ブランド

大変御無沙汰しておりました。この2週間のことをまとめて御報告します。<(_ _)><(_ _)>

先々週は、6月11日(水)に鳥取に行き、15日(日)の京都まで出張が続きました。

<発明協会鳥取県支部総会>

鳥取県の発明協会にお招き戴き、多くの方にお話を聞いて頂きまして光栄でした。

当日の講演内容は、6月16日(月)の日本海新聞で報道していただきました。<(_ _)>

<鳥取の地域ブランド>

多彩な地域ブランドがありますね。o(^-^)o

・鳥取砂丘

生まれて初めて鳥取砂丘を見学し、らっきょの畑も見てきました。(*^_^*)

広大な砂丘は圧巻ですね。(@_@)

Nec_1075_2

スーツを着ていたので、馬の背(40mくらいの高さの砂丘の山の部分)を遠くから拝見しただけでしたが・・・。次回は着替えを持っていって海岸まで歩いてみたいと思いました。(*^_^*)

鳥取港海鮮市場「かろいち」

賀露港(鳥取港)で揚がったばかりの「鮮魚」を販売飲食できる海の市場です。<(_ _)>

食事処では、「天然海水いけす」があり、たくさんの美味しそうなイカが泳いでいました。(*^_^*)

海鮮どんぶりを食べてきました。美味しかったです。o(^-^)o

Nec_1063_2

| | コメント (0)

第1回目のMIPシンポジウム

<ありがとうございました>

梅雨の晴れ間の6月7日(土)に東京大手町の経団連会館で、第1回目のMIPシンポジウムを開催させて頂きました。

350名もの多数の皆様に御参加戴きまして、心から御礼申し上げます。<(_ _)>

ブログの掲載を少しおさぼりしていたのは大きなイベントがあったためです。<(_ _)><(_ _)>

何回かシンポジウムを企画実行した経験はありますが、事前の準備は終わりがない作業ですね。(^_^;)

皆様の御協力で無事に盛大に開催することができました。<(_ _)>

Nec_1052 <シンポジウムの概要>

[第一部] 基調講演 「知財人材へ高まる期待」

荒井寿光様から、知識社会における知的財産の重要性と知財人材の必要性をお話いただきました。<(_ _)>

[第二部] MIP専攻修了生による研究成果発表

本年3月に卒業したMIP院生修士論文の概要が発表されました。

製造メーカーの知財部、ゲーム関連企業の知財部(今年入社)、現役弁護士、証券会社の幹部という多彩な4人の発表に、知財分野の裾野の広さに驚かれた方が多かったようです。(*^_^*)

[第三部] パネルディスカッション 「グローバル社会における知財人材の育成」

日中の産官学+弁理士の代表による議論はグローバル社会における知財の現状と課題を浮き彫りにしていました。

最後は知財人材の育成が要だと思ったというご意見が多かったです。<(_ _)>

Nec_1053

私は総合司会をさせて頂きましたが、皆様の熱心な御様子に感激しました。(*^_^*)

ご参加された皆様に重ねて御礼申し上げます。<(_ _)>

大きなイベントが終わって少しホッとしています。o(^-^)o

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »