« 放送大学「社会と知的財産」のインタビュー情報(第8回) | トップページ | 鳥取の地域ブランド »

第1回目のMIPシンポジウム

<ありがとうございました>

梅雨の晴れ間の6月7日(土)に東京大手町の経団連会館で、第1回目のMIPシンポジウムを開催させて頂きました。

350名もの多数の皆様に御参加戴きまして、心から御礼申し上げます。<(_ _)>

ブログの掲載を少しおさぼりしていたのは大きなイベントがあったためです。<(_ _)><(_ _)>

何回かシンポジウムを企画実行した経験はありますが、事前の準備は終わりがない作業ですね。(^_^;)

皆様の御協力で無事に盛大に開催することができました。<(_ _)>

Nec_1052 <シンポジウムの概要>

[第一部] 基調講演 「知財人材へ高まる期待」

荒井寿光様から、知識社会における知的財産の重要性と知財人材の必要性をお話いただきました。<(_ _)>

[第二部] MIP専攻修了生による研究成果発表

本年3月に卒業したMIP院生修士論文の概要が発表されました。

製造メーカーの知財部、ゲーム関連企業の知財部(今年入社)、現役弁護士、証券会社の幹部という多彩な4人の発表に、知財分野の裾野の広さに驚かれた方が多かったようです。(*^_^*)

[第三部] パネルディスカッション 「グローバル社会における知財人材の育成」

日中の産官学+弁理士の代表による議論はグローバル社会における知財の現状と課題を浮き彫りにしていました。

最後は知財人材の育成が要だと思ったというご意見が多かったです。<(_ _)>

Nec_1053

私は総合司会をさせて頂きましたが、皆様の熱心な御様子に感激しました。(*^_^*)

ご参加された皆様に重ねて御礼申し上げます。<(_ _)>

大きなイベントが終わって少しホッとしています。o(^-^)o

|

« 放送大学「社会と知的財産」のインタビュー情報(第8回) | トップページ | 鳥取の地域ブランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放送大学「社会と知的財産」のインタビュー情報(第8回) | トップページ | 鳥取の地域ブランド »