« 女優・小林綾子さん | トップページ | 商標情報の検索方法 »

「青丹よし」の商標侵害判決

<判決情報の検索方法>

先週末の報道です。<(_ _)>

青と赤の短冊の形をした「青丹よし」という奈良名産のお菓子を製造販売している和菓子店の株式会社御菓子司鶴屋徳満が、同じ名称のお菓子を売っている他の3店を訴えた事件について大阪地裁は侵害ではないと判決し、確定したと朝日新聞が報道しました

さあ、判決を読んでみましょう。(*^_^*)

裁判所のHPを見ると、右上に「裁判例情報」というアイコンがあります。ここで判決情報が検索できるのです。

この「裁判例情報」をクリックすると、初期画面として「全判例統合」の検索画面が登場します。右上に「知的財産裁判例集」の検索画面が出てきます。見つかりましたか。(*^_^*)

見つからなくても、「全判例統合」のままでも「全文」に「青丹よし」を入力して検索すると、2つの画面を経て、大阪地裁の判決情報をPDFで見ることができます。大変便利ですね。(*^_^*)

<判決の内容>

結論のポイントだけを引用します。<(_ _)>

「「青丹よし」が普通名称又は慣用名称とまで認められるか否かはともかく,同部分は本件商標の要部たり得ないことは明らかであって,同部分と「献上銘菓」という文字を十字に配して草の模様で囲った図形(上部図形)及び「鶴屋徳満」という製造元の表示等と相まって初めて出所識別力が生じるものというべきである。

・・・(中略)・・・

被告各標章は,いずれも本件商標と類似するものとはいえないから,これを菓子又はその包装に付し,また,これを付した菓子又はその包装を販売等する被告らの行為は本件商標権を侵害するものとは認められない。」

つまり、判決は登録商標の主要な部分は「青丹よし」ではなく、「献上銘菓」という文字を十字に配して草の模様で囲った図形や鶴屋徳満の表記だと判断したのです。

一体どんな商標でしょう?(*^_^*)

次回は、商標情報の検索方法をご説明しますね。<(_ _)>

|

« 女優・小林綾子さん | トップページ | 商標情報の検索方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女優・小林綾子さん | トップページ | 商標情報の検索方法 »