« 韓国経済新聞と韓国弁理士会 | トップページ | 「ODS」と「おしん」 »

総務省の懇談会

携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会

お元気ですか?(*^_^*) 御無沙汰していました。<(_ _)> 

夏ばて(?)もあり、地道な作業が続く日々で、ブログの更新をサボっていました。御寛容下さいませ。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

さて、昨日(7月10日)は標記の懇談会の第14回目の会合が開催されました。ようやく取りまとめの段階となりました。

経緯を簡単に御紹介します。地デジに移行した後の電波枠の利用方法が課題となり、新しいサービスの提供が検討されました。欧米では携帯端末(具体的には、携帯電話など)を利用した新しいサービス(デジタルコンテンツのダウンロードサービスなど)が生まれています。

そこで、昨年8月に懇談会が立ち上げられて、ヒアリングや議論や海外調査が行われました。今年5月23日に中間報告書が発表され、6月23日までパブリックコメントが募集され、内外から多くの意見が出されました。

経緯と資料はこちらを御覧下さい。

これらを踏まえて昨日の会合で最終案が議論されました。残念ながら、私は入試の仕事があり参加できませんでした。今後、最終報告書が発表される予定です。この報告書が出てからも今後の行方を注視する必要があると思います。

技術開発と特許戦略とライセンス戦略と世界標準の問題が錯綜する代表的な分野の一つです。

<総務省の審議会・懇談会>

総務省のホームページ(特に、報道資料)を見ていると、時代の転換点を感じます。

知財に関する分野をみても、

「ICT成長力懇談会 最終報告書 “xICT”ビジョン」の公表

「デジタル・コンテンツの流通の促進」及び「コンテンツ競争力強化のための法制度の在り方」情報通信審議会から中間答申

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」調査結果の公表

「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会」報告書(案)に関する意見募集の結果及び報告書の公表 などがあります。

面白そうだと思われませんか?o(^-^)o

是非、総務省の政策にも御関心をお寄せ下さい。(*^_^*)

他の省庁もそうですが、お世辞抜きに、担当者は優秀で熱心です。国家公務員は「日本の宝」ですね。(*^_^*)

地方公務員も同じだと思います。とても良いお仕事をされている方がたくさんおられます。<(_ _)>

タクシーチケットなどの不祥事事件(もちろん断じて許せないことです)ばかり報道されて、公務員が仕事を良くやっていることが報道されないことは残念だと思います。<(_ _)>

|

« 韓国経済新聞と韓国弁理士会 | トップページ | 「ODS」と「おしん」 »

コメント

 優秀な役人が多いことは同感です。特に民間を経験した役人はそうだと思います。しかし、優秀な役人が全体の1/3だとすると少なくともほぼ同数ぐらいは不要な役人がいるのも実態かと。
 また、ご指摘のようにマスコミの報道も軒並み偏ってますね。居酒屋タクシー問題の本質は「多くの役人が深夜残業をしなければならないという異常構造」なのであって、何故そうなるのか?どうすればこんな非効率的構造を改革できるのか?の議論にならないのは歯がゆい限りです。

投稿: 特許酔法師 | 2008年7月15日 (火) 13時48分

特許酔法師様

コメントありがとうございます。(*^_^*)

居酒屋タクシー問題の本質が議論されず・・・というのは、御指摘の通りですね。<(_ _)>

投稿: 生越由美 | 2008年7月17日 (木) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国経済新聞と韓国弁理士会 | トップページ | 「ODS」と「おしん」 »