« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

“Sony meets Kabuki.”をご存知ですか?

<ソニーがシネマ歌舞伎を応援!>

日本ブランドの話題が続きますが・・・。<(_ _)>

ソニーが「シネマ歌舞伎」を応援するため、“Sony meets Kabuki.”と題した活動を大々的に繰り広げています。「歌舞伎の心まで、伝えたい」のだそうです。o(^-^)o

銀座のソニービルが「~ハイビジョンで巡る「シネマ歌舞伎」の舞台裏~ シネマ歌舞伎・座」として公開されています(9月20日(土)~10月22日(水)11~19時)。まだ1週間ありますので、是非、御覧下さい。<(_ _)>

なお、上記写真の、シネマ歌舞伎座・懸垂幕と160インチディスプレイは展示を終了したそうです(ビル内での展示と上映は22日まで開催)。<(_ _)>

また、日曜日の『THE 世界遺産(TBSで毎週日曜夜6時から)』のTVCMでもシネマ歌舞伎が登場しています。<(_ _)>

Nec_1371_2 Nec_1376_2

 

<LED、液晶テレビ、有機EL>

ソニービルの入り口左にあるのが160インチの大型LEDスクリーンで「シネマ歌舞伎」予告編映像などを上映しています(左の写真はデコレーションする前のLEDスクリーンです)。

2階に展示されていたのが有機ELのモニターで画像が感激的に綺麗でした。

3種類の先端技術が比較できる展示会となっています。

Nec_1364_2 Nec_1372_2

<8階のコミュニケーションゾーン「OPUS(オーパス)」>

200型の大画面4K SXRDプロジェクターで、「シネマ歌舞伎」特別篇が上映されています。

このイベントのために特別編集された“ソニーで感じる「シネマ歌舞伎」の世界“です。

「シネマ歌舞伎」特別篇 (上映時間約23分)

上映時間 11:00~19:00まで (毎時00分・毎時30分より、初回のみ11:05から)

①『野田版鼠小僧 (のだばんねずみこぞう) 』
②『日高川入相花王 (ひだかがわいりあいざくら) 』
③『鷺娘 (さぎむすめ)』
④『ふるあめりかに袖はぬらさじ (ふるあめりかにそではぬらさじ)』
⑤『野田版 研辰の討たれ (のだばんとぎたつのうたれ) 』
⑥『京鹿子娘二人道成寺 (きょうかのこむすめににんどうじょうじ) 』
⑦『連獅子 (れんじし)

⑧『人情噺文七元結 (にんじょうばなしぶんしちもっとい)

| | コメント (4)

大英博物館にてソールワークが発表!(*^_^*)

<お詫び>

大変御無沙汰しておりました。「先生、大丈夫?」というご心配のメールを多数戴き、ひたすら恐縮しています。<(_ _)>

私は元気なのですが、学内の事務作業で忙殺されていました。(T_T)

ようやく、この作業が少し落ち着いてきました。<(_ _)>

<日本の伝統とモダンを融合させたSOULWORK>

気分を一新して、外国の話題からです。o(^-^)o

本日(2008年10月13日(月))の19時から、ロンドンの大英博物館において、対ロンドン投資促進機構「THINK LONDON(ロンドンを対象とする公認国内投資誘致機関)」主催にて、日英外交関係樹立150周年の一環として「Japanese Business Reception」が開催されるそうです。

このレセプションでSOULWORKがとても綺麗なドレスを発表します。(*^_^*)

綺麗の理由は日本の伝統技術と現代のモダンを融合させたところにあります。o(^-^)o

Img_4649_1 Img_4639<手捺染・藤布・螺鈿>

SOULWORKは、着物の着用の減少により、衰退の一途を辿る、日本の伝統技術「手捺染技法」を採用したプリント素材のカットソーやバッグなどの商品を製作しています。

同時に、京都府と共に10年間、藤織りや螺鈿織りの継承への努力をしています。日本が誇る高い技術を持った職人を世界へ紹介することにより、職人の地位向上と技術、後継の維持、発展に良い影響を与えるものと信じているからだそうです。<(_ _)>

藤蔓から採った繊維を糸にして織物が藤布。藤は縄文時代から、かごや編み物に使われました。それから数千年後、藤蔓の内皮を灰で炊き流水であらってアクをとり、その繊維を紡いだ糸で布を織る伝統技術が丹後の山間部に残っていました。科布や芭蕉布などの原始布の一つです。自然からの恵みを身にまとう。着物の原点でもある伝統が丹後に残っていました。(*^_^*)

螺鈿は、海の耀きを織物に織り込むことにあります。素材は貝。貝殻の真珠層の耀きを横糸にうつし、織物に織ることで「海の耀き」を生地に表現しています。(*^_^*)

藤織は小石嘉織物(こいしかおりもの)、螺鈿布は民谷螺鈿(たみやらでん)が製作されています。<(_ _)>

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »