« 「明日の神話」が渋谷で公開 | トップページ | ノーベル賞晩餐会のカトラリーは燕三条ブランド!o(^-^)o »

英国図書館におけるビジネス支援サービス

またまた御無沙汰しておりました。<(_ _)><(_ _)>

取り急ぎ、今週のお話を御報告します。<(_ _)>

毎日、こんな感じでドタバタしています。(T_T)

<12月15日(月)>

知的財産戦略本部の第8回コンテンツ・日本ブランド専門調査会が内閣官房・知的財産戦略推進事務局で10時半から開催されました。資料はこちらを御覧下さい。

もうすぐ知財推進計画の第2期が終了します。日本ブランドなどの報告書の作成が求められています。こちらの執筆委員会も始まり、メンバーになりました。良い報告書を作成しなくてはと思います。<(_ _)>

午後は渋谷の國學院大學での授業がありました。シネマ歌舞伎を見て、歴史文化資料や先端技術を論じてもらう中間レポートを提出して貰いました。

文学部、法学部、経済学部、神道文化学部の学生さんの御意見はいずれも卓越していました。小学生の頃に演劇を鑑賞した記憶も大変鮮明です(大学生にとっては小学生時代はちょっと前の話なのでしょうね)。若い方への教育の重要性を改めて痛感しました。

夜は21世紀構想研究会の第70回会合に出席しました。このNPOは全国学校給食甲子園大会を主催しています。第3回となる今年も大成功だったので良かったです。o(^-^)o

<12月16日(火)>

虎ノ門の中小企業基盤整備機構で開催された地域資源関連の審査会に出席しました。いろいろな地域が、地域(産業)資源を掘り出そうという意欲を感じます。

失業者を次世代の産業に雇用シフトする観点からも、地域産業の立ち上がりが期待されていると思います。

夜は、加藤紘一議員を囲む10人の会に御縁があって出席させて頂きました。

話題となったテーマは、最近の政局、金融危機と経済恐慌、科学技術政策、医療問題、知財問題などです。

加藤先生は知財に詳しいので、鋭い質問をされていました。知財改革はまだまだ行うことがあると痛感しました。<(_ _)>

<12月17日(水)>

久しぶりに、国会図書館に行ってきました。「英国図書館におけるビジネス支援サービス」というセミナーを聴講するためです。講師は、英国図書館ビジネス知的財産センターの研究ビジネス開発マネージャーであるナイジェル・スペンサー(Nigel Spencer)氏でした。

ポイントは、英国図書館では、中小企業や発明家を支援するための様々なサービスを開始したという御報告でした。特許や商標などの検索サービスやマーケティングの講義などもあるそうです。

英国特許庁は、日本で言うと文部科学省の傘下にある(日本特許庁は経済産業省の外局)ので図書館との相溶性が高いのかしらと愚考しますが、イギリス政府の新規ビジネスの立ち上げに対する意気込みを感じる施策だと思いました。

これに日本の国会図書館が注目して、大阪分館にも同時中継した先見性を称えたいと思います(大学の仕事で中座して申し訳ありませんでした)。

午後4時前に大学に戻って会議などして、夜はMIPの説明会・体験授業で講師をしました。本日、御参加いただけた皆様に御礼申し上げます。<(_ _)>

MIPの印象は如何でしたか?o(^-^)o

次回の説明会と模擬授業は1月17日(土)です。皆様、この機会にMIPを見に来てください。百聞は一見にしかずです。(*^_^*)

|

« 「明日の神話」が渋谷で公開 | トップページ | ノーベル賞晩餐会のカトラリーは燕三条ブランド!o(^-^)o »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「明日の神話」が渋谷で公開 | トップページ | ノーベル賞晩餐会のカトラリーは燕三条ブランド!o(^-^)o »