« 英国図書館におけるビジネス支援サービス | トップページ | 名古屋コーチン作出物語 »

ノーベル賞晩餐会のカトラリーは燕三条ブランド!o(^-^)o

今年の夏以降の御報告をさせて下さい。<(_ _)>

<燕三条ブランド>

2008年9月末は新潟県の燕三条に講演しにお邪魔しました。上越新幹線の「燕三条駅」の出現により、「燕」よりも「三条」よりも、両者が一体となった「燕三条」の知名度が大変高まったそうです。(*^_^*)

Nec_1395

そこで、燕市と三条市は協力して「燕三条ブランド」を立ち上げる取り組みを始められました。o(^-^)o

三条市長・燕市長の意向で「燕三条ブランド検討委員会」を組織して2008年8月18日に両市長を交えて第一回検討委員会を開催されました。これを受けた講演会に招かれました。

大変多くの方が参加していただきまして、改めて御礼申し上げます。<(_ _)>

<ノーベル賞の授賞式の食器>

燕三条にはたくさんの地域資源が存在しています。

Nec_1398

その中で、大発見したのがノーベル賞の晩餐会で使用されるカトラリー(ナイフ、フォーク、スプーンなど)でした。(@_@)

Nec_1406_2 

講演会が開催された(財)新潟県県央地域地場産業振興センターでは販売もされていましたし、ネットでも購入することができます。(*^_^*)

そのときは知る由もなかったのですが、今年は日本人がたくさんノーベル賞を受賞されましたね。2008年12月10日(日本時間11日)に開催された「ノーベル物理学、化学両賞」の授賞式と晩さん会で使用されたカトラリーを拝見することができました。(*^_^*)

デザインはスウェーデンのデザイナーですが、製造は新潟県燕市の山崎金属工業(山崎悦次社長)で作られたものだそうです。日本のものづくりの力はノーベル賞級なのだと改めて実感しました。<(_ _)>

|

« 英国図書館におけるビジネス支援サービス | トップページ | 名古屋コーチン作出物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国図書館におけるビジネス支援サービス | トップページ | 名古屋コーチン作出物語 »