« サイエンスチャンネル | トップページ | 公正取引委員会の排除命令 »

映画館でなぜ歌舞伎

<日本経済新聞のエコノ探偵団>

2009年7月19日(日)の11面の記事がとても面白かったです。(*^_^*)

「映画館でなぜ歌舞伎」と題して、日本を代表するODSを一挙紹介してくれました。シネマ歌舞伎(松竹)、ゲキ×シネ(ヴィレッジ)、ライブスパイア(ソニー)などのインタビュー記事がありました。

ODSとは「Other Digital Stuff」の略称で、歌舞伎やお芝居やコンサートやスポール中継などをデジタル映像化して映画館などで上映することを言います。<(_ _)>

<越前市提供の牡丹灯篭>

写真は東劇の入り口です。東劇ではODSの一つであるシネマ歌舞伎の「怪談 牡丹灯篭」が上映されています。

写真左の「牡丹灯篭」は福井県越前市から寄贈された「越前和紙」で製作されたものです。

とても綺麗です。o(^-^)o

越前和紙とは、今から1500年前から伝わる技術だそうで、種類の豊富さ、表面の滑らかさ、均一性、紙厚がしまった紙です。越前市のパンフレットも並んでおりますので、是非、この機会に御覧下さい。<(_ _)>

P72001611 P72001641

<ODSが期待される理由>

シネコンの乱立で映画は過当競争に入り、一人当たりの単価は1200円近くに下がっているそうですが、ODSは2000円以上の単価が多いと記事は紹介しています(たしかに、短い作品は1000円のものがあります)。このように、利益率が高いため期待が大きいようです。

他方、東京、大阪を除けば、観客動員が難しい公演も多いので、映画館で上映することは地域のファンを開発する好機ともなります。

<ODSの技術標準>

いろいろなODSの撮影や編集現場、上映を拝見していますが、近年、「映像」の技術標準の問題が発生しているように思います。

日本の国際競争力の観点からは、優れた映像を表現できる、どの映画館のプロジェクターでも上映できるような技術開発が重要と思います。

ソフト(ODSのコンテンツなど)と共にハード(プロジェクター、サーバー)が世界で売れますので・・・。o(^-^)o

レクサスのビジネスモデルに象徴されるよう、世界最高レベルの商品やサービスの供給が日本に期待されているのだと思います。(*^_^*)

<ODSの今後>

現在、さまざまな映像・音響レベル、内容のODSが並存しています。今後も映画よりも高い単価を維持したいなら、上映時間が長いだけではなく、映像と音響のレベルが通常のデジタルシネマよりも高いなどの付加価値の明示が要求されるのではないでしょうか。(*^_^*)

近年、ODSへの参入が急激に拡大しておりますし、3Dなどの別次元のライバルも誕生しています。(^_^;)

今後は、ODSにも価格競争が巻き起こることが予測されます。生き残りの要は付加価値です。今のうちに、ビジネスモデルを構築して下さいね。<(_ _)>

|

« サイエンスチャンネル | トップページ | 公正取引委員会の排除命令 »

コメント

生越先生
初めてコメントします。ご指摘の通り、ODSは過当競争に入りつつあります。当初、レベルが高かった某オペラのODSは無惨な音で上映されていますし、数名しか客がいない上映も多いのが実体です。強力なファンが多数いれば良いのでしょうが。

投稿: 業界人 | 2009年7月21日 (火) 11時02分

生越先生
日経新聞の記事が本日の社内会議で話題になりました。
ODSの波に乗り遅れるなと社長は檄を飛ばすのですが、2000円で映画館で上映すれば多くの観客が来るなんて大いなる妄想ですよ。
それこそ、現在の映画と同じ苦しみを味わうことになります。
「貴社は付加価値を真剣に検討していないから止めなさい」と、社長に説得して頂けたらあり難いです。
暴走が止まらない状態に辟易としています。

投稿: 悩める人 | 2009年7月21日 (火) 22時54分

私も、読みました。
<シネマ歌舞伎>誕生の背景を知ることができ、勉強になりました。
ただ、「坂東玉三郎」さんの誤植が残念でした。

投稿: 三連府 | 2009年7月22日 (水) 21時53分

三連符様

玉三郎さんの名字は「坂東」ですから、「板東」や「阪東」なら間違いです。
http://www.tamasaburo.co.jp/

生越先生のブログは全て正しく用いられています。
誤植とは何月何日のどの部分ですか?

投稿: MIP院生 | 2009年7月23日 (木) 09時42分

言葉が足りず、誤解を招いてしまいました。
誤植は、新聞記事の方です。
折角、記事として取り上げてもらっているのに、残念だと思ったのです。
申し訳ございませんでした。

投稿: 三連符 | 2009年7月23日 (木) 10時03分

三連符様

お教え頂き、ありがとうございました。
新聞記事が「板東」と間違っていたのですね。
こちらこそ、とんちんかんな質問をして申し訳ありませんでした。

投稿: MIP院生 | 2009年7月23日 (木) 17時00分

業界人様、悩める人様、三連符様、MIP院生様

貴重なコメント、有難うございました。

デジタルシネマの振興と共に、近年、製作が急速に進んでいるのがODSです。

御指摘の通り、まだまだ過渡期ですから安定収入が見込める作品ばかりではないようです。

劇場で上映されていたものを、映画館で観ることにようやく驚かなくなっているのが現状だと思います。

作品の性質に応じてマーケット戦略の構築を期待しています。

投稿: 生越由美 | 2009年7月27日 (月) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイエンスチャンネル | トップページ | 公正取引委員会の排除命令 »