« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年9月

ソニーグループの新ブランドメッセージ

<“make.believe”(読み:メイク・ドット・ビリーブ)>

ドイツ・ベルリンで2009年9月2日(現地時間)に開催された記者会見で、ソニーの新しいブランドメッセージが発表されました。o(^-^)o

「豊かな想像を現実に結びつける」、というソニーが創業以来持ち続けている企業姿勢を“make.believe”(読み:メイク・ドット・ビリーブ)という言葉で表現したそうです。(*^_^*)

このブランドメッセージは、ソニーの精神と行動をつなぎ、想像を現実へと結び付けるソニーの役割を象徴しているそうです。詳細はこちらを御覧下さい。<(_ _)>

<2010年、ソニーが家庭に届ける3Dエンタテインメント>

同じ会見で、ブランドメッセージの一例として「家庭向け3D事業をハードウェアとコンテンツの足並みを揃えて2010年に開始する計画」などが発表されました。

その直後にくろさんから家庭向け3Dテレビのコメントを戴きました。(@_@)

くろさんの先見性に驚いた次第です。<(_ _)>

<ハイビジョン沖縄美ら海水族館>

2009年8月31日、ソニービルで展示された「42nd Sony Aquarium 2009」の最終日に何とか駆けつけて見てきました。家庭用のテレビで3D映像を見る体験ができると聞いたので・・・。<(_ _)>

眼鏡(赤と青のアナグリフ方式ではなく、偏光式と思われます)を借りて画面を見ると、魚たちが飛び出して見えました。(*^_^*)

驚くほど綺麗な映像で、3D眼鏡もとても軽いので助かりました。o(^-^)o

3Dの画像は2階のフロアと8階のOPUS ハイビジョン・シアターで体験できました。2階のフロアは家庭用のテレビ、8階のフロアは業務用のプロジェクターでした。<(_ _)>

ソニービルの外では、恒例の大水槽が展示され魚たちが優雅に泳いでおり、銀座を歩く人々を驚かしていました。ソニーは“make.believe”な企業ですね。o(^-^)o

| | コメント (0)

2009年のゼミ合宿が終わりました。(*^_^*)

<今年のゼミ合宿>

今年は、東中野のセミナーハウスで行いました。(*^_^*)

例年通り、初日は朝から晩まで研究発表が続き、活発な質疑応答が行われました。

写真はゼミの様子です。<(_ _)>

P9050203web2

<中野ブロードウェイ>

晩御飯を食べに、中野まで皆で移動しました。

中野のブロードウェイは個性的なお店がたくさんありますね。(^_^;)

写真は、ブロードウェイの中で発見した地域ブランドのパンダ靴下です。最上段右から、「千葉の落花生」、「名古屋のういろう」、「明石のたこ」、「大阪のたこ焼き」、「新潟のおコメ」、「山形のさくらんぼ」、「滋賀のふなずし」・・・とパンダの絵が描いてあります。(^_^;)

P9050212web2_2

<サントリービール工場の見学>

翌日は、サントリー武蔵野ビール工場の見学に行ってきました。P9060224web2

特許庁時代、ビールの充填機や缶蓋を締める装置の審査をしていたので大変懐かしかったです。

写真は、試飲タイムの様子で、出来立てのプレミアムモルツを飲んでいるところです。 (*^_^*)

| | コメント (2)

ナムコ・ナンジャタウンの餃子スタジアム(*^_^*)

<宇都宮市と姉妹提携>

ナムコ・ナンジャタウンはU-city宇都宮市と姉妹提携しているそうです。(@_@)

そこで、宇都宮餃子の調査の一環として、ナムコ・ナンジャタウンの池袋餃子スタジアムを調査してきました。(*^_^*)

下記は宇都宮駅で購入したご当地キティ「宇都宮餃子バージョン」です。o(^-^)o

P8290171web

<池袋餃子スタジアム>

池袋餃子スタジアムは縁日のような雰囲気でした。(*^_^*)

P8290176web P8290178web

このスタジアムの「東京来らっせ」で「3店舗のセット」を選ぶと曜日や時間帯で3つのお店が自動的に決まり、各2個ずつの餃子が食べられます。私が食べたのはこちらの餃子たちです。<(_ _)>

特定のお店の餃子が食べたい場合は、宇都宮餃子12店の餃子を指定して味うことができます。

また、ナムコ・ナンジャタウンでは2009年9月13日まで「2009プリン博覧会」が開催されていますし、日本全国のアイスクリームも販売されています。(*^_^*)

地域資源を勉強できる場所としてお薦めです。o(^-^)o

| | コメント (2)

田子(たっこ)にんにくの更なる挑戦!(*^_^*)

<田子にんにく物語>

「知的財産を活かした地域ブランドセミナー(2009.8.27栃木県県庁)」で川村武司さんにお目に掛かりました。<(_ _)>

地域ブランドの成功事例の先進例である「田子にんにく」の創始者で、志の高い方です。o(^-^)o

「夢は東京青果で日本一になりたい!」という目標を40年前に抱かれ、長年、田子町農協で町や生産者とともに励み、田子町農協にんにく課長を最後に退職したそうです。

その川村さんが田子にんにくの更なる発展を目指して更なる挑戦をされています。(*^_^*)

琥珀にんにく

それは「琥珀にんにく」です。o(^-^)o

P8290165web

「琥珀にんにくとは、田子町産にんにくをたっぷりの時間と愛情をかけて低温熟成し、機能性成分を引き出すことに成功。「機能性高含有にんにく」が誕生しました。機能性成分(S-アリルシステイン、イソアリイン)の含有が高まり、色も高貴な琥珀色に。この低温熟成にんにくの機能性成分は、健康維持に役立つという観点から注目され、研究が進められています。」とのこと。

「S-アリルシステイン」に関してはいろいろな効能が書かれた文献が存在しますが、川村さんが販売している琥珀にんにくは青森県の特許を利用して作られています。<(_ _)>

にんにくの身は茶色(琥珀色)で、スライスされたものや粉末もあります。(*^_^*)

さらに飲みやすくした錠剤も青森県との共同プロジェクトで開発されていますので、是非、関心をお持ち下さい。o(^-^)o

P8290168web

<機能性食品の課題>

いろいろな地域ブランドを調査していて痛感するのが、機能性食品の効能を調査してくれる専門機関がなかなか見つからないことです。これが最初の課題です。(T_T)

次の課題は、効能を一応確認できてもトクホ(特定保険用食品)の承認を得るまでには長い時間と億単位の費用が掛かることです。(^_^;)

もちろん、トクホを信じて商品を購入される方が多数おられますのでいい加減な承認はするべきではないと思います。しかし承認を得るための資金提供のスキームが乏しいことは大問題と思います。これが2つ目の課題です。<(_ _)>

そして、現在、医薬品(医薬部外品を含む)、保健機能食品(栄養機能食品、特定保健用食品)、一般食品(いわゆる健康食品を含む)という区分がありますが、地域ブランドの機能性食品をどの区分で売り出すの戦略の構築はなかなか難しい問題があります。これが3つ目の課題だと思います。<(_ _)>

自民党政権から民主党政権に代わりましたが、知財の問題はまだまだ解決されていません。日本の国のために更なる政策の立案が期待されますね。(*^_^*)

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »