2-3.地域資源(地域ブランドなど)

印刷タイムスとPrint & Promotionで紹介されました。

3月6日の一般社団法人日本印刷産業連合会のシンポジウムの開催内容が、「印刷タイムス」と 「Print & Promotion 」のサイトで報道されました。

「いまばりパリィさん」の事例などの成功のポイントなどを知ることができます。
是非、二つのサイトをご覧ください。(*^_^*)
92f5204d199b405cf635540d38ca15a8245

 

| | コメント (0)

日本印刷産業連合会のセミナー(報告)

2017年3月6日は、日本印刷産業連合会のセミナーで基調講演をさせていただきました。m(__)m
地域の事例発表が素晴らしかったです。
写真は、事例発表で配布された

onesamurai」さん、
いのきちさん(井の頭、吉祥寺、三鷹)」さん、
秋田の「米飯生活」さんの参考資料です。
今、地域の印刷会社さんが地域ブランドの核となって活躍されています。
大変勉強になりました。(*^_^*)

17156271_603712179831001_60327330_4

| | コメント (0)

2017地域連携事業検討シンポジウム[東京]“注目!地域ブランド戦略最前線 ~日本の地域おこしをリードする印刷産業~

皆様

お元気ですか?

大変ご無沙汰しております。m(__)m

私は、毎日、原稿などの締め切りを抱えてヒーヒー言っています。(T_T)

ところで、2017年3月6日(月)に、「2017地域連携事業検討シンポジウム[東京]“注目!地域ブランド戦略最前線 ~日本の地域おこしをリードする印刷産業~」 で基調講演させて戴きます。

後半の「地域連携とブランディング事例 -事例発表-」は興味深いと思います。

宜しかったら、御参加下さい。(*^_^*)

◆◇◆◇◆ テーマ(案)と講師 ◆◇◆◇◆

1.基調講演 『これからの地域ブランド戦略と印刷産業』    (60分)

    東京理科大学大学院イノベーション研究科知的財産戦略専攻(MIP)教授 生越由美様 

2.シンポジウム 地域連携とブランディング事例 -事例発表-   (各20分)

 ・『ゆるキャラビジネスへの挑戦 “いまばり バリィさん”』

   第一印刷(株)代表取締役社長 西原孝太郎様

 ・『地域連携ポップカルチャー事業 ONE SAMURAI JAPAN』

  (株)一心社 代表取締役社長 浦久保康裕様

 ・『井の頭公園100年の地域連携と情報発信』 

  (株)文伸 代表取締役社長 川井信良様

 ・『秋田米作農家との連携による高付加価値流通事業の展開』     

   秋田印刷製本(株)代表取締役社長 大門一平様

◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

生越拝

| | コメント (0)

地理的表示保護制度で保護される7つのブランドが発表されました!

皆様

2015年6月に創設された「地理的表示保護制度」で最初に保護が決まった7つのブランドが、同年12月22日に農林水産省から発表されました。

NHKの19時のニュースで「地理的表示保護制度の今後の課題」を私もコメントさせて頂きました。(*^_^*)

 

地理的表示保護制度について詳細が知りたい方は、下記の政府インターネットテレビ「徳光・木佐の知りたいニッポン!~平成27年6月スタート ホンモノの証 地理的表示保護制度」を御覧下さい。

こちらでも私が説明しています。(*^_^*)

TPPを控えて、農林水産省は更に法改正するそうです。
楽しみです。(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋するフォーチュンクッキー 佐賀県庁 Ver. / AKB48[公式]

<佐賀県庁が変わった!>

2013年9月8日からユーチューブに恋するフォーチュンクッキー 佐賀県庁 Ver. / AKB48[公式]」が公開されています。

古川康・佐賀県知事を筆頭に、佐賀県庁や関係団体の職員、ゆるきゃらたちが踊りまくっています。

じぇじぇじぇ・・・の世界です。(@_@;)

でも、皆様とても上手です。o(^-^)o

真面目な話、撮影場所は、佐賀県の地域資源に関する場所ばかりです。

地域ブランドに御関心のある方は必見です。o(^-^)o

楽しいことは良いことですね。(*^_^*)

撮影に当たり、皆様、もう特訓されたことでしょうが、大きな成果がありましたね。(*^_^*)

| | コメント (0)

日本茶の輸出に関するセミナーを開催します!

皆様へ

東京理科大学MIPのC2教室で地域ブランド研究会を開催します。

日 時:2013年7月5日(金) 19時—21時

場   所:  東京理科大学専門職大学院(MIP)C2教室

         東京都千代田区飯田橋4-25-1-12 セントラルプラザ2階(飯田橋駅徒歩1分)

アクセスMAP

テーマ:「日本文化を世界中の消費者にお届けする  ネット通販から始めて、海外市場を開拓して、販路を確保していく海外展開事業パートナー(仮題)」です。

この研究会は「プロジェクト研究」を補完し、深化させる位置づけで開催していますが、今回は、御関心のある外部の方にもご来場いただければと思い、御案内させていただきます。

近年、欧米で話題の日本茶をネット販売することに成功し、他の日本の伝統製品のマーケット調査されているお話です。

今月の講演者は、アメリカ人のIan Chun (イアン・チュン)氏です。

中国系アメリカ人で、ハワイで生まれて育ち、日系人の友達が勉強していた「ひらがな」という書き方の美しさ、日本料理の美味しさなどはずっと憧れて・・・という方です。

会社や講演者の詳細はこちらです。
http://www.mlatte.com/

御関心のある方は、生越までメールお知らせ下さい
御職業(学校名)とお名前をお知らせ下さい。

生越拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆日程変更◆東京理科大学専門職大学院(MIP)セミナー「宇都宮餃子の成功の秘密 ~地域資源の先駆的活用事例~(仮題)」

皆様

大変申し訳ありません。

昨日アップしたばかりの御案内ですが、日程変更がありましたのでお知らせします。

講師の御都合で、11月30日(金)18時半~20時の開催となります。

どうか宜しくお願い申し上げます。

既にお申し込みを戴いた方には、大学事務室から連絡が行きますが、お申し込みは有効ですのでご安心ください。

しかし、日程が変わったことで御都合が合わなくなる方もおられると思います。

お詫び申し上げます。

生越拝

---------------------------

東京理科大学専門職大学院(MIP)セミナー 

「宇都宮餃子の成功の秘密 ~地域資源の先駆的活用事例~(仮題)」

日 時:2012年11月30日() 18時半~20時

講 師:沼尾博行氏(宇都宮餃子永久大使、元宇都宮市商工部長)

モデレーター:生越由美(東京理科大学専門職大学院(MIP)教授

NPO法人21世紀構想研究会産業技術・知的財産権委員会委員長)

 日本一の餃子の街は宇都宮か、浜松か。日本で最初に「餃子の街」を仕掛けたのは、当時、商業観光課観光係長だった沼尾さんである。今、餃子を食べるために年間80万人もの人が宇都宮を訪れるという。宇都宮の代名詞となった「餃子」であるが、その歴史は意外と浅い。沼尾さんの一瞬のひらめきから「餃子の街」のプロジェクトが始まった。

 今から地域起こしは20年後に成功すれば大成功ではないか。これからの日本の多くの地域に勇気を与える地域の成功物語を語っていただく。

経歴:1947年栃木県生まれ。玉川大学文学部卒業。

 民間会社を経て、1972年宇都宮市役所入所。

 教育委員会学校教育課、広報課を経て、89年に商業観光課観光係長となり「餃子のまちづくり」を仕掛ける。その後、ワールドカップ推進室長、農林振興課長、地域振興課長、スポーツ振興課長、商工部長、株式会社ろまんちっく村社長などを歴任。20073月末に退職。

※ 開催日時等

日  時: 2012年11月30日(金)午後6時半から

会  場: 東京理科大学専門職大学院 C1教室

      JR飯田橋駅ホーム隣りのセントラルプラザビルの2階。

      地図はhttp://www.ramla.gr.jp/access.html

主  催:東京理科大学専門職大学院(MIP)

共  催:NPO法人21世紀構想研究会http://www.kosoken.org/

会  費:無料

定  員:外部の方は先着70

申込方法:当専攻のホームページからお申し込み下さい。

◆当専攻ホームページ:

http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/detail.php?event_ini_data_id=0000000203

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京理科大学専門職大学院(MIP)セミナー「宇都宮餃子の成功の秘密 ~地域資源の先駆的活用事例~(仮題)」

皆様

大変ご無沙汰しております。<(_ _)>

お元気ですか?(*^_^*)

突然ですが、来週の金曜日に下記のセミナーを開催します。

宇都宮餃子の立役者の沼尾さんのお話を聞ける良い機会と思います。

申し込みは一番下の行のMIPのサイトからお願いします。

是非、御参加下さい。(*^_^*)

生越拝

◆本件、日程変更がありました。

開催日は11月16日(金)ではなく、11月30日(金)となりました。

お詫びして訂正させていただきます。

---------------------------

東京理科大学専門職大学院(MIP)セミナー 

「宇都宮餃子の成功の秘密 ~地域資源の先駆的活用事例~(仮題)」

日 時:2012年11月16日() →111月30日(金)18時半~20時

講 師:沼尾博行氏(宇都宮餃子永久大使、元宇都宮市商工部長)

モデレーター:生越由美(東京理科大学専門職大学院(MIP)教授

NPO法人21世紀構想研究会産業技術・知的財産権委員会委員長)

 日本一の餃子の街は宇都宮か、浜松か。日本で最初に「餃子の街」を仕掛けたのは、当時、商業観光課観光係長だった沼尾さんである。今、餃子を食べるために年間80万人もの人が宇都宮を訪れるという。宇都宮の代名詞となった「餃子」であるが、その歴史は意外と浅い。沼尾さんの一瞬のひらめきから「餃子の街」のプロジェクトが始まった。

 今から地域起こしは20年後に成功すれば大成功ではないか。これからの日本の多くの地域に勇気を与える地域の成功物語を語っていただく。

経歴:1947年栃木県生まれ。玉川大学文学部卒業。

 民間会社を経て、1972年宇都宮市役所入所。

 教育委員会学校教育課、広報課を経て、89年に商業観光課観光係長となり「餃子のまちづくり」を仕掛ける。その後、ワールドカップ推進室長、農林振興課長、地域振興課長、スポーツ振興課長、商工部長、株式会社ろまんちっく村社長などを歴任。20073月末に退職。

※ 開催日時等

日  時: 2012年11月16日→11月30日(金)午後6時半から

会  場: 東京理科大学専門職大学院 C1教室

      JR飯田橋駅ホーム隣りのセントラルプラザビルの2階。

      地図はhttp://www.ramla.gr.jp/access.html

主  催:東京理科大学専門職大学院(MIP)

共  催:NPO法人21世紀構想研究会 http://www.kosoken.org/

会  費:無料

定  員:外部の方は先着70

申込方法:当専攻のホームページからお申し込み下さい。

◆当専攻ホームページ:

http://most.tus.ac.jp/common/mod_lecture/user/detail.php?event_ini_data_id=0000000203

| | コメント (0)

テレビ東京の「7スタ Brach!」 

ご連絡が遅くなって申し訳ありません。<(_ _)>

2010年12月9日(木)のテレビ東京の「7スタ Brach!」 に出演しました。

内容は、ブランド食材についてです。(*^_^*)

新橋の和食屋さんでブランド食材を知ったブラッチ隊がブランド食材とは何かを調査しに出かけるという内容でした。

撮影の当日は朝7時半に都内に集合し、夜20時前に理科大MIPで撮影を終えるという強行軍でした。

途中で、特許庁の商標課の撮影もありました。<(_ _)>

私が選んだブランド食材の第1位は「江戸東京野菜」です。

江戸時代は、京都や加賀の野菜と並ぶ重要な野菜だったのです。

近年、小金井市などで栽培が再開されています。(*^_^*)

皆様、一度御賞味下さい。

Nec_2415

| | コメント (3)

第4回 神楽坂 人・未来フォーラム

<第4回 神楽坂 人・未来フォーラム>

今年も恒例の「神楽坂 人・未来フォーラム」が開催されます。

高齢化社会における防災対策はどうあるべきか。

お互いが助け合う社会をどうやったら取り戻せるか。

行政の立場から、地元の住民の立場から、大学の立場から討論いたします。

どうぞ奮ってご参加ください。

Photo

懇親会では神楽坂ブランドの食材が食べきれないほど出てきます。(*^_^*)

どんなに食べても無料ですので、安心して御参加下さい。o(^-^)o

----------------------------

日 時 : 平成22年3月10日(水)

場 所 :東京理科大学森戸記念館 第1フォーラム

参加費:無料

詳細は下記の通りです。

15:00 パネル討論 「高齢化社会と防災対策」
   新宿区 区長室危機管理課長 藤林文男 氏
   神楽坂通り商店会 会長    福井清一郎氏
   横寺町 町会長       渡部浩亘 氏
   東京理科大学工学部 教授  山本 栄  
16:50 研究発表 「携帯電話を用いた神楽坂商店会情報通知システム」
   東京理科大学工学部 講師  長谷川幹雄
17:30 「4年半の活動を振り返って」 
   東京理科大学 神楽坂人・未来研究部門 部門長 半谷精一郎
18:10 研究発表(ポスター) メンバー全員  ならびに  懇親会

----------------------------

| | コメント (1)

より以前の記事一覧