5-4.著作権・コンテンツ関係

幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ

山田監督の「幸福の黄色いハンカチ」は、1977年10月1日に公開され、第1回日本アカデミー賞をはじめ、第51回キネマ旬報賞、第32回毎日映画コンクール、第20回ブルーリボン賞、第2回報知映画賞などの賞を総なめにした映画です。(*^_^*)

この作品が33年ぶりに東京・東銀座の東劇で上映されています。東京以外は6月5日から順次上映されるようです。<(_ _)>

今、二つの点でこの作品は注目されています。

デジタルリマスター作品

映像技術の飛躍的な進化を顕すものです。3D映像も同様ですが、デジタル技術の本質は人を感動させることにあり、事務処理の低コスト化ではありません。これを証明してくれる一つの偉大な事例と思います。<(_ _)>

デジタルリマスターとは、最新のデジタル技術を駆使して、映像と音の双方を制作当時のクウォリティーに蘇らせることです。映像については、年月を経て退色したりバランスが崩れたフィルムの色彩データや発生したフィルム傷をひとコマずつ補正します。(*^_^*)

久しぶりにこの作品を拝見したのですが、色が鮮やかで線も美しいため、今までで一番感動しました。ちなみに4月30日まで公開されている東劇の入り口は黄色のハンカチで飾られていました。o(^-^)o

Nec_2253web

音についても、ノイズのクリーニングはもちろんのこと、バランスに関してもデジタル的に再調整(整音)しているとのこと。この作業は、山田洋次監督作品等の松竹映画の仕上げを行い、シネマ歌舞伎の音響も制作してきた松竹サウンドスタジオで行なわれました。

当時のモノラル音源を活かす方向性を基本方針として作業されたそうですが、その結果、モノラルとは思えない感動を与える音になっていました。まさに匠の技を感じました(私は数回見学に行きました)。(*^_^*)

Nec_2252web

山田監督は偉大です。o(^-^)o

放送大学での収録でも大変お世話になりました。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

米国によるリメイク版

2009年に米国でウィリアム・ハート主演で「The Yellow Handkerchief」をウダヤン・プラサット監督が映画としてリメイクしました。2010年6月26日から日本でも公開されるそうです。(*^_^*)

近年、ハリウッドによる日本作品のリメイク版がたくさん制作されています。<(_ _)>

1960年の「荒野の七人」は、1954年の日本映画の「七人の侍(1954年)」を、
2005年の「THE JUON 呪怨」は、2003年の日本映画の「呪怨」をオリジナル版と同じく清水崇が監督で、
2005年の「ダーク・ウォーター」は、2002年の日本映画の「 仄暗い水の底から」を、
2005年の「Shall We Dance?」は、日本映画の「Shall we ダンス?」を、
2006年の「南極物語」は、1983年の「南極物語を、
2009年の「HACHI 約束の犬」は、1987年の「ハチ公物語」を元にしたハリウッド版リメイクです。

今回のリメイク版がどの程度オリジナル版と同じか、異なるかが楽しみですね。o(^-^)o

映画を始め、アニメやゲームなどの日本のコンテンツはハリウッドなどの外国映画の原作としての期待が高まっています。o(^-^)o

| | コメント (5)

映画は3Dの時代!?

<3D映画>

昨年末から、デジタルコンテンツの注目株として3D映画(3次元映像)に注目しています。(*^_^*)

御存知の通り、3D映画とは「立体的に見える映画」のことです。<(_ _)>

今、上映されているものとしては『ボルト』、『モンスターVSエイリアン、『ハリー・ポッターと謎のプリンス IMAX 3D』などがあります。o(^-^)o

現在、第3のブームと言われていますが、なるほど、昔の3D映画に比べてやや目が疲れなくなってきました。

<3D映画の技術>

1953年に開発されたのが赤と青のメガネの「アナグリフ」という方式で、写真の技術を応用したそうです。

学研の「学習と科学」の付録などで幼い頃に経験した方も多いと思いますが、この方式は遮断効果が少なくて光の漏れが多いのが難点です。

私は大学時代、化学物質の立体モデルの認識手法としてこの方式を再度体験した記憶がありますが、良い感想はもちませんでした。

その後、「偏光式」や「シャッター式」が開発されました。o(^-^)o

近年、映画館で上映されているものはこれらの方式が多いようです。<(_ _)>

究極の3D技術はメガネなしですから、世界中の多くの研究所や大学で研究開発が進められているようです。

昨年の「CEATEC JAPAN」で上映されたNICT(情報通信研究機構)と日本ビクターが共同開発した裸眼の3D映像は話題でした。(*^_^*)

<家庭用の3D映画>

先日、『ポーラー・エクスプレス』と『センター・オブ・ジ・アース』の3D映像(家庭用に販売されている)をブルーレイディスクで拝見しました。<(_ _)>

両者とも映画のマスターに赤と青にエンコードしたもので映像は二重になっています。(*^_^*)

正確に表現すると、前者のメガネは「赤と青」、後者のメガネは「ピンクと緑」でした。いずれもパッケージにはメガネが4人分、同梱されていました。(^_^;)

私は30分くらいは耐えられましたが、20歳代の若者たちは目が疲れると言って5分でギブアップしました。(^_^;)

でも、自宅でも3D映像を見ることができる時代となったことは感激です。(*^_^*)

2D映像も同梱されていますので、最終的にはこちらで拝見しましたが・・・。

まだまだ課題があると思いますが、今後の展開が楽しみですね。o(^-^)o

| | コメント (2)

携帯端末マルチメディアと農林水産技術会議のお話

<総務省・携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会

3月10日(月)の第9回会合は非公開で行われました。理由は自由活発な議論・検討を行う必要があるからです。私は議論がかなり進んだと思います。(*^_^*)

そもそも「携帯端末向けマルチメディア放送」の議論がなされているのでしょうか。(^_^;)

情報通信審議会において、2011年の地上テレビジョン放送のデジタル化による空き周波数帯を「携帯端末向けマルチメディア放送」に供することが提言されています。「ワンセグ」で先行した我が国がイニシアチブを取ることができるのか、技術の標準化や国際競争力強化の観点からも非常に重要な事項です。<(_ _)>

そこで、事業化に向けたビジネスモデルや社会的役割の在り方、それを踏まえた制度的・技術的課題についての検討を行っているのです。2011年以降速やかにサービスが提供されるよう制度環境の整備に資することを目的として議論が進んでいます。

良い結論を出すことに努力しています。<(_ _)>

<農林水産省・農林水産技術会議

3月12日(水)は、農林水産省の農林水産技術会議・専門調査会に初めて出席させて頂きました。最先端の農林水産技術の進捗状況を知ることは大変勉強になりました。(*^_^*)

大きな流れで思うことは工業分野と同じ問題を抱えているということです。具体的にいうと、論文と特許取得の区分が明確でない、権利取得の意識改革が遅れ気味と思います(凄い勢いで戦略を実行されていますが・・・)。(^_^;)

特許権、育成者権、商標権を取っても独占しなければならないわけではありません。誰にライセンスするのかをコントロールできる権利と考えた方が良いと思います。なぜならば、物権(物の所有権)のように世界に一つの権利ではなく、世界に同時に無数に存在しうる権利なのが知的財産権の本質だからです。

工業では一つの会社で技術やブランドなどの知的財産権を使用する例が比較的に多い(ライセンスした方がよい場合もあります)ようですが、農林水産業は地域の皆様で知的財産権を共同して使用する例が一般的です(もちろん企業が保有している例もあります)。知的財産権を、物権と同様に「排他的独占権」と思い込んでアレルギーを起こしている方もおられるように思います。

皆で同時に使える権利と理解できれば農林水産分野における知的財産の活用のフィールドが広がりますね。o(^-^)o

| | コメント (2)

シンポジウム「著作権保護期間延長の経済効果 - 事実が語るもの」

<最近の活動>

大変ご無沙汰しております。<(_ _)> 先生、最近、何をしているのですかと院生たちに叱られました。(^_^;) 

以下、簡単に御報告します。<(_ _)>

◎放送大学の印刷教材

印刷教材(テキスト)の仕事で9月末まで締切に追われる日々を送っていました。(T_T)

今後は放送教材の台本作りが課題ですが・・・。<(_ _)>

◎東京理科大学知財専門職大学院の後期

今年から、パリ条約、特許協力条約(PCT)の講義も5回分担当することになりました。初めての講義は講義時間の10~20倍が準備時間が係りますね。(^_^;)

◎外部の会議と研修

JICA・APEC研修(9月19日)、放送大学ロケ(9月20日)、三重県「地域団体商標」にかかる職員勉強会(9月21日)、著作権保護期間問題シンポジウムの打ち合わせ(9月25日)、放送大学のスタジオ撮影(9月26日)、農林水産研修所 生活技術研修館の「知的財産基礎研修」(9月27日)、関東経済産業局の「地域産業資源活用事業評価委員会」の審査会(9月27日)、知財戦略本部のコンテンツ・日本ブランド専門調査会(9月28日)、プロジェクト研究(9月28日)、新学期の授業開始(9月29日)・・・と楽しくハードルを飛んでいました。こちらは全く問題は無いのです。o(^-^)o

いやぁ~、一番堪えたのは放送大学の印刷教材でした。(T_T) 

<シンポジウム「著作権保護期間延長の経済効果 - 事実が語るもの」>

本日の本題です。是非、皆様、ご参加くださいませ。<(_ _)>

------------------------

趣旨
著作権保護期間の延長の是非を考えるとき、議論の前提条件として確かめておくべきことがある。著作権保護期間を延長するとどれくらい著作者の収益が増えるだろうか。パブリックドメイン化したときの利益はどれくらいあるのだろうか。保護期間を伸ばすかどうかの二者択一以外の解決方法はないのだろうか。これらの問いは賛成にしろ反対にしろ確かめておくべきことである。そうした問いに対し、できるだけ客観的な資料と論理を踏まえて議論することを試みる。

日時:2007年10月12日(金) 午後4:00~8:30

第一部 4:00~5:30 数量分析
  「著作権の最適権利期間決定モデル-価格差別とコースの推論を考慮して」
    中泉拓也(関東学院大学経済学部 准教授)
  「書籍のライフサイクルの計量分析」
    田中辰雄(慶應義塾大学経済学部 准教授)
  「保護期間延長は映画創作を刺激したのか」
    中裕樹(慶應義塾大学経済学部)・田中辰雄

第二部 6:00~8:00 事例分析・制度研究
  「本の滅び方」  丹治吉順(朝日新聞Be編集部)
  「シャーロック・ホームズから考える再創造」
    太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 
         芸術・文化政策センター長)
  「EUの保護期間延長の事情」
    酒井麻千子(東京大学大学院・情報学環・学際情報学府)
  「デジタルはベルヌを超える:無方式から自己登録へ」
    林紘一郎(情報セキュリティ大学院大学 副学長、発起人)

第三部 8:00~8:30 フリーディスカッション
  「文化の振興のための制度設計」

<総合司会>
生越由美(東京理科大学専門職大学院 教授)

<コメンテーター>
安念潤司(成蹊大学法務研究科(ロースクール) 教授)
長岡貞男(一橋大学 イノベーション研究センター教授、センター長)
中山一郎(信州大学法科大学院 准教授、発起人)
矢崎敬人(工学院大学グローバルエンジニアリング学部 講師)

(以上順不同・敬称略)

※各発表者は、10月以降フォーラムHPにて論文を事前公表する予定です。

場所:慶應義塾大学 Global Studio(三田キャンパス東館6F・約120席)
http://www.keio.ac.jp/access.html
山手線・京浜東北線 田町駅8分
都営浅草線・三田線 三田駅7分
都営大江戸線 赤羽橋駅8分

【入場無料・申込先着順】
※終了後、自由参加の懇親会(有料:3000円前後)を予定。毎回満席の、公開
トーク必修課目です。
申込みはこちらから→ http://thinkcopyright.org/resume_talk05.html

主催:著作権保護期間の延長問題を考えるフォーラム
   慶応義塾大学DMC機構(http://www.dmc.keio.ac.jp/
   コンテンツ政策研究会(http://contents-policy.net/
企画:「保護期間延長の経済効果」研究会

-------------------------

今後とも、どうか宜しくお願い申し上げます。<(_ _)>

| | コメント (0)

國學院大學でシネマ歌舞伎が上映されます!

<日本ブランドと伝統芸能の普及>

日本ブランドの普及と伝統芸能の鑑賞の観点でお知らせします。<(_ _)>

2007年10月、國學院大學のキャンパスカミングデーで「シネマ歌舞伎」を上映することとなりました。

大学での上映ですので格安ですので、この機会に御覧になりませんか?(*^_^*)

教え子が担当者ですので僭越ながらお知らせします。<(_ _)>

<國學院大學>

國學院大學は日本文化に対する研究を行っています。その一環として、世界無形文化遺産である歌舞伎に関する資料を多く保存し、研究しています。

歌舞伎は400年の歴史を持つ世界有数の伝統芸能ですが、学生にとってなかなか歌舞伎の舞台を鑑賞する機会は少ないものと思われます。

そこで國學院大學ではキャンパスカミングデーの一環として、気軽に本物の感動を得られる「シネマ歌舞伎」が上映されるようです。シネマ歌舞伎は国内でも限定的に上映されているもので國學院大學が初めて招聘できたそうです。

國學院大學の上映に関する詳細はこちらを御覧下さい。

<シネマ歌舞伎>

NY国際映画祭など種々の国際映画祭の招待作品であり、多くのアジア各国からも招聘されている「シネマ歌舞伎」をみながら、日本文化について考えてみませんか。

歌舞伎の舞台作品をHD高性能カメラで撮影し、デジタル上映するものです。サウンドも、映画館の最新音響設備で再生し、臨場感のある立体的な再現を追及した作りになっています。まるで歌舞伎座の一階席にいるような美しさと迫力でご鑑賞ください。

シネマ歌舞伎の詳細はこちらを御覧下さい。

| | コメント (0)

携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会

<情報通信審議会の答申>

2007年06月27日、情報通信審議会(総務相の諮問機関)が総務相に、130メガヘルツ分の空きのうち、3割にあたる40メガヘルツを携帯電話用に割り当てるなど、周波数の効率活用で消費者の利便向上につなげることを答申しました

テレビのアナログ放送が2011年に終了して地上デジタル放送に移行することに伴い、空きができる周波数帯の再配分計画を公表したのです。

携帯電話への割り当てを増加することで通信の混雑緩和が期待できるほか、高精細な映像の配信などの新しいマルチメディアのサービスが実現する見通しとのことです。

<懇談会の設置>

2007年7月31日、2011年の地上放送の完全デジタル化で発生する電波の「空き周波数帯」をどう活用するかについて検討する「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」を設置すると総務省は発表しました。私もこの懇談会に参加させて頂きます。<(_ _)>

初会合が8月2日に開催されます。傍聴ご希望の方はこちらを御参照下さい。

讀賣新聞が「画像や音楽を配信する「マルチメディア放送」などで、どのようなサービスが可能になるかなどを検討する方向だ」と報道されています。

| | コメント (0)

世界最先端のコンテンツ大国の実現を目指して

<コンテンツのネット流通促進>

本日(22日)10時~11時半、政府・知的財産戦略本部コンテンツ専門調査会の企画ワーキンググループ(第4回会合)が開催されました。

関係省庁、関係団体、マスコミなど、実に多くの方々が傍聴されています。私は、ほぼ毎回傍聴させていただいています(事前登録要)。

今回の「世界最先端のコンテンツ大国の実現を目指して(案)」の基本認識は次の4つで、これらを踏まえて議論されました。

① 世界のスピードある変化と乖離している。
② 潜在的な能力が十分に生かされていない。
③ コンテンツ市場の拡大を目指す。
④ 民が主であり、官が阻害要因を排除する。

「ネット配信等の活用により、国民が好きな時に好きな放送番組を見ることができる」などについて提案されました。

日本をコンテンツ大国に変えるために必要な措置ですね。(*^_^*)

<他のコンテンツ振興戦略>

資金調達から作品の企画・販売まで手がける「プロデューサー」などの人材育成、
日本の素材を総合的に集めた「国際コンテンツカーニバル」の開催、
若手アニメ作家らを海外派遣する「アニメ文化大使(仮称)」事業、
外国人漫画家を表彰する「日本漫画賞(仮称)」の創設なども提案されました。

会議終了後、大急ぎで大学に戻り、本日の3限(12時50分~)と7限(20時10分~)の2回の「知財政策」の授業でこれらの議論を紹介します。ビジネスの参考として、政府の動きを迅速に知ることは重要です。

本日の授業は課題レポートである「知的財産推進計画2007への政策提言」に対する講評ですが、コンテンツ関係の提言の講評中でお話します。

全部で数十個の院生さんが作った知財政策の提案があります。昨年に引き続き、今年も知財事務局に提案書を提出します。これらの提言が実現したら嬉しいです。(*^_^*)

<牛尾氏のまとめの言葉>

ワーキングの会議で楽しみにしているのが、座長のウシオ電機㈱会長の牛尾治朗氏が会議の終了時に話されるお言葉。

毎回、先見性と国際性がある未来志向の素晴らしい考え方を示されます。(*^_^*)

以下、前回(第3回)の議事録から抜粋。正確な内容は全文を御参照下さいね。

「・・・ソフトの場合は企業よりも個人を尊重しないと成功しない社会。日本の社会には、個人と企業の間にすごい差別があるんです。企業ならいいけれども、個人でもうけるのはけしからぬというような議論があるんです。

こういう文化が個人との契約を拒否するということが非常にある。この辺はやはり明治以降の文化的な問題、大衆的な問題をどう乗り越えるかというのは、単なるこの審議会だけの問題ではないけれども、政治は割りと早く小泉政権発足以来、この5~6年間で20年分ぐらい吹っ飛んで走っているわけですから、この勢いで行かないと日本は遅れてしまうだろうという実感を持っています。

ただ、今日あったように、アメリカ型で行くのか、ヨーロッパ型で行くのかというのも、実はそろそろ我々は考えなければいけないときに来ているので、そういうことも込めて、グローバルであるということは、世界の人々と一緒に生きていく覚悟をすることなんです。個別を除けばね。日本人だけで生きられない社会になったということですね。

グローバルは世界の人と一緒に生きていく覚悟をこれから30年も、50年もすることなんですね。排他的な差別感では、もう生きられない時代に日本の地位はなっている。それはグローバルの基本だと思うんです。

・・・基本的に我々は日本という国の将来は、先端を行く限りは、やはり世界の人と一緒に生きていくことを覚悟しないといけないということが一番大事なことだと思います。特にコンテンツの世界は、そういう人間に関わる問題であります・・・」

時代の変わり目には多くの課題がありますが、同時に無限の可能性もあります。日本文化のユーザーは世界中におられます。

クリエーターが豊富に育つ環境、世界に発信できる仕組みを構築したいですね。みんなで良い日本を作りましょう。(*^_^*)

| | コメント (0)

「プロデューサー育成施策」

<企画ワーキンググループの参考人意見>

昨日の関連です。

映画プロデューサーの一瀬勝重さんは、11月27日(月)の「知的財産戦略本部 コンテンツ専門調査会 企画ワーキンググループ」で、芸術家の村上隆さんと共に、参考人としてお話されました

現在、日本政府は知財戦略の一つとして、「プロデューサー」の育成施策を検討しています。

日本の現状を考えると、社内、社外を問わず、雑用などの下積みをさせることなく、有能なプロデューサーを育成して活躍できる基盤を作ることが喫緊の課題と認識されています。

<知的財産戦略調査会における議論>

自民党の「知的財産戦略調査会」でもコンテンツ人材の育成について真剣な議論が繰り広げられています。

アメリカン・フィルム・インスティテュート(A.F.I)の監督課程を修了されている衆議院の伊藤信太郎先生が、アメリカにおける人材育成手法を具体的に報告されています。

<クラシカル・オーサーとモダン・オーサー>

ちなみに、著作権の世界では、原作者、音楽家などを「クラシカル・オーサー」、映画監督、プロデューサーなどを「モダン・オーサー」とする定義もあります。

クラシカル・オーサーには著作権があるが、モダン・オーサーには権利が認められないので不均衡だという議論があります。(11月16日のブログの後半『映画監督って何だ!』と関係します)

これは、「映像分野の著作権等に係る諸問題に関する懇談会」などでも議論されました。

一瀬さんの御意見からも、利益配分の問題も含めた議論が必要と考えさせられました。

どの知財政策も、「人材育成」と「権利のバランス」が中心課題となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画監督とプロデューサー

<ハリウッドで勝て!>

ホラー映画の『THE JUON(呪怨)』を御存知ですか?

一瀬隆重(いちせたかしげ)氏がプロデュースした映画で、日本人で全米一位を獲得した唯一の映画です。

公開初日で約15億円を稼ぎ出し、2週連続で全米興行収入一位を達成しました。

今夕、都内のホテルで一瀬氏の「ハリウッドで勝て!」の出版記念が開催されました。

俳優・石坂浩二さんの挨拶に始まり、内閣府副大臣・林芳正議員が司会されるなど、豪華なパーティーでした。

一瀬さんは御挨拶で若い人の目標となるよう、ますます頑張りたいと話されていました。

『THE JUON(呪怨)』の清水崇監督は「最新作を披露します」といって、出版祝いとして短編映画を披露されました。

最後の場面で、黒髪のホラー映画の主役が女装した清水監督と分かり大爆笑。(*^_^*)

Rimg0100

<映画監督って何だ!>

パーティーの後、夜9時から日本映画監督協会監修の映画『映画監督って何だ!』を渋谷ユーロスペースで見てきました(平日は夜9時からのみで、東京の上映は明日まで)。

映画監督200名で製作した映画で、現行の著作権法29条が成立するまでの経緯をあぶりだし、抗議する内容の映画。映画としても、結構楽しめました。

脚本・監督は伊藤俊也さん、音楽は宇崎竜童さん。監督たちの「にわか俳優(でもかなり上手)」に加え、本物の俳優の小泉今日子さん、佐野史郎さんなどが登場されます。

著作権法第29条第1項とは、「映画の著作物(第十五条第一項、次項又は第三項の規定の適用を受けるものを除く。)の著作権は、その著作者が映画製作者に対し当該映画の著作物の製作に参加することを約束しているときは、当該映画製作者に帰属する。」

「監督」は「映画製作者」に当たらないと解されているそうです。そこで、「監督は映画の著作権者である」と主張され、法改正を求めておられます。

映画を見ながら、「職務発明問題」に本質が近いと感じました。

映画上映後、2人の映画監督と1人のプロデューサーによるトークショーが行われました。

映画の著作権は、「監督だけが有する」という考え方と「監督を含めた共同著作物である」という考え方が協会内で並存しているそうです。いろいろな面で、大変勉強になりました。

Rimg0107 

| | コメント (1) | トラックバック (1)